2022年 1月 22日 (土)

沸騰する仮想通貨! 2021年はビットコインETFが米国で承認された歴史的な年

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2021年は、ビットコインが史上最高値を大きく更新し、800万円に迫るほど上昇した1年でした。この背景には、アメリカでビットコインETF(上場投資信託)が承認されるという歴史的な出来事がありました。

   今回は、なぜビットコインETFの承認が、ビットコインの価格を押し上げたのか解説します。

  • ビットコイン爆上げの背景に、ビットコインETFの上場承認!(画像はイメージ)
    ビットコイン爆上げの背景に、ビットコインETFの上場承認!(画像はイメージ)
  • ビットコイン爆上げの背景に、ビットコインETFの上場承認!(画像はイメージ)

ビットコインETFは2016年から承認申請していた

   ◆ ビットコインETFとは

   ETFとは、上場投資信託(Exchange Traded Fund)の略で、信託会社が運用している「投資信託」が、証券として証券取引所に上場したものです。

   「ビットコインETF」とは、ビットコインで運用されるETFで、ひと言で表すと、ビットコインの値動きに連動する株式のようなものです。

   暗号資産取引所ではなく、証券取引所に上場しているので、投資家は株式と同じように証券取引所で、ビットコインETFの売買できるようになります。

   アメリカではSECが、ETFの上場を審査しています。しかし遡ること2016年から、ビットコインETFは米SEC(証券取引委員会)から、長らく上場が承認されていませんでした。

   その理由は、主に下記の懸念点があったためです。

● 公正な価格評価 ● 流動性の担保
● カストディ機能
● 円滑なアービトラージの可否
● 価格操作などのリスク

   暗号資産は、新たな機能を持つ通貨として注目されてきた半面、「新しい」がゆえに、こうした課題があり、それらが上場の妨げとなっていたのです。

   ◆ 2021年10月にSECがビットコインETFを承認

   「もうすぐ承認される」と言われ続けてきたビットコインETFですが、今年10月15日に米証券取引委員会(SEC)がプロシェアーズのビットコインETFを承認しました。

   仮想通貨にとって歴史的な日です。

   ビットコインETFの初日売買代金は10億ドル程を記録し、 2日目は前日よりさらに20%ほど増加し盛り上がりを見せました。

   仮想通貨(暗号資産)調査会社のコインシェアーズは、10月第3週の仮想通貨ファンドの資金流入量は、調査以来最大となる14億7000万ドルに達したと発表。そのうちの99%がビットコインファンドということです。

   また仮想通貨市場の時価総額は300兆円を超え、ビットコインの時価総額は140兆円に達しました。

ひろぴー
FX・仮想通貨トレーダー兼コラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、「FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。現在はラジオ日経で投資番組のパーソナリティを務める傍ら、「ザイ!FX」や「みんなの仮想通貨」などのポータルサイト大手での執筆活動にも精力的に取り組んでいる。2015年からは仮想通貨の可能性に注目。仮想通貨への投資を開始した。香港系プライベートファンドにも運用している。
仮想通貨Webサイト:Bitcoin-FXも運営しており、仮想通貨情報発信も行っている。
・仮想通貨ブログ ビットコインFX:https://bitcoin-fx.jp/
・初心者もできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト:https://btc-eth.jp/
・Twitter:ひろぴーFX@仮想通貨@hiropi_fx
児山 将(こやま・しょう)
2009年の大学4年時にFXをはじめ、一度は飲食店の店長として働くも相場に関りたく金融メディア大手に就職。記事執筆とサイトのディレクションを行う。FX以外にも、株、指数、オプション、商品、仮想通貨など多岐に渡る商品を取引。現在はフリーランスとしてサイト制作やコンテンツ制作を行いながら個人投資家として活動する。
・Twitter:児山 将@goahead5055
・初心者でもできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト https://btc-eth.jp/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中