2022年 1月 26日 (水)

がん治療で髪の毛が抜けても...「いつものあなた」であるための医療用ウィッグ アートネイチャー「アンクス」開発者に聞く

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   がんなどの病気治療の副作用で、髪の毛が抜けてしまう――。とくに女性にとっては外見が変わってしまうことで、気持ちの面で治療に差し支えてしまうことは想像にかたくない。

   そんな気持ちが少しでも和らぐようにと、アートネイチャーでは、医療用ウィッグ「ANCS(アンクス)」を手掛けている。軽くてふんわりとフィットするつけ心地のよさ、「自分の髪」と思えるような自然な質感が魅力だ。

   「アンクス」は2009年の発売以来、主として女性がん患者に寄り添い続けてきた。そんな「アンクス」の開発秘話を、執行役員で営業本部副本部長の重松小百合(しげまつ・さゆり)さん、医療サポート推進室・室長の敦賀優博(つるが・まさひろ)さんに聞いた。

  • 医療用ウィッグ「ANCS(アンクス)」
    医療用ウィッグ「ANCS(アンクス)」
  • 医療用ウィッグ「ANCS(アンクス)」

なぜ「自分の髪」だと思えるウィッグにこだわるのか?

――まずは、医療用ウィッグ「アンクス」開発の経緯について教えてください。

重松小百合さん「アートネイチャーの歴史を振り返ると、オーダーメイド専用のウィッグを扱う会社としてスタートしています。それ以来、医療用ウィッグも、利用者の頭の型を取って製作するオーダーメイドにこだわっていました。
ところが、抗がん剤治療を受ける患者さんは、お医者さんから、『治療を始めると、1週間~10日後には髪の毛が抜ける』という説明を受けます。多くの場合、その話を受けて短期間でウィッグを探しますが、オーダーメイドでつくると、早くても1か月程度かかってしまう。しかし、利用者の立場では『すぐにでも欲しい』のにもかかわらず、以前はそのような製品を扱っていませんでした」

――そのあたりの歯痒さといいますか、お役立ちしたいという思いがあったのですね。

敦賀優博さん「そこで、サイズやヘアスタイルにもバリエーションをもたせながら、規格を統一させつつ、それぞれの人の頭の形に合わせて調整できる、セミオーダーウィッグを企画しました。それが2009年、レディースアートネイチャーのブランドとして立ち上げた医療用ウィッグ『アンクス』です。立ち上げ時のコンセプトは『いつものままで』。患者さんにとって、それまでと変わらない生活であってほしい――そんな願いを込めました」
頭皮と一体化するように、薄く、やわらかくできないか、と試行錯誤を繰り返した」と重松さん
「頭皮と一体化するように、薄く、やわらかくできないか、と試行錯誤を繰り返した」と重松さん
重松さん「機能面では、形状記憶効果のある素材を一部に使っているため、髪にはある程度の復元力があります。そうすることで、『自分の髪』と思える自然さを生み出します。ほかにも、一日中使っても重さが気にならない、通気性に優れている、自分で手洗いできる、といった特長があります。これらは長年、オーダーメイドのウィッグ製造で、日本人の頭の型を取り続けてきたアートネイチャーの知見があってこそ、生まれた製品といえます」

――どのような点にこだわって開発しましたか。

重松さん「利用者の『体に優しい』ことです。ウィッグは頭皮や髪にじかに触れるものですから、触れた時にチクチクするような違和感があってはいけません。なによりも、利用者の気持ちの面で負担のないものをつくりたい、という思いがありました。
たとえば、ウィッグの内側の、頭皮や髪に触れるところは、メッシュ素材で網目状になっています。このネットの生地には、肌触りのよいものを選びました。また、縫い合わせたつなぎ目の部分は、細い糸を使っています。洋服でもそうですが、太い糸のほうが肌に当たりやすく、当たるとしばらく気になるもの。医療用ウィッグは長時間使うので、そういったところにも気を配りました」

――お客さんからは、どのような要望がありますか。

重松さん「『治療を受ける前の自分と変わらない、同じ髪形になるウィッグが欲しい』と、話されるお客さんが多いですね。いつもの自分のスタイルでいたい――。鏡に映った時、いつもの見慣れている自分がそこにいる――。それが安心感につながるからではないでしょうか。そこで『アンクス』は、太陽の下で髪を見ても、自毛のようなツヤを感じられる、そんなリアリティさにもこだわりました」

――リアリティにこだわる......。開発時のご苦労も多かったのではないでしょうか。

重松さん「私の理想は、頭皮を再現することです。これは『もっとできるはずだ』という思いをもうずっと抱いています! 研究開発に終わりはない、といえるかもしれませんね。
人間の毛髪は、1つの毛穴から1~3本生えています。これをウィッグで再現するには、(毛髪を植える土台となる)網目に1本ずつ植えていく必要があり、大変なところです。手間やコストはかかりますが、そうすると自然な毛流れになります。『アンクス』のラインアップの中ではACシリーズが、1本ずつ植える仕様になっています」
「治療期間中の髪へのストレスを少しでも軽減できれば」と敦賀さん
「治療期間中の髪へのストレスを少しでも軽減できれば」と敦賀さん

――なぜそこまでするのでしょうか。

敦賀さん「できるだけ治療期間中は、気持ちよく過ごしてほしい、というブランド立ち上げ時からの変わらない思いがあります。『アンクス』を利用して、もちろん体調が許せばですが、お友達とショッピングやランチに行くなど、いつもと変わらない生活を、いつもと変わらない自分で過ごしてもらえたら。もっと言えば、『アンクス』があるから『少し出かけてみようかな』と心が動くきっかけにもなる、そんな存在になれたらと思います」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中