2022年 1月 28日 (金)

「コンプレックス」が二代目社長を苦しめる...... 「偉大な先代を超したい」と思ったとき、どうすることがよいのか!?(大関暁夫)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ミュージカル女優の神田沙也加さんが、公演先で宿泊していたホテルの窓から転落し亡くなられたというショッキングなニュースがありました。享年35歳。あまりに早すぎるお別れに世間が騒然となりました。

   神田さんと言えば、俳優の神田正輝さんと歌手、松田聖子さんの一人娘であり、いわば「超エリート芸能人」です。従い、彼女を紹介する記事では「松田聖子さんの娘」という修飾語をもって紹介されるのが常でした。

   今般の報道によれば、最初歌手としてデビューした彼女でしたが、日本の芸能史に残るようなスーパーアイドルである母と比較されることがつらく、自分独自の道を歩んでいきたいとミュージカルへの転身を図ったのだといいます。

   大変な「がんばり屋」で、「松田聖子の娘」としてではなく自分のポジションを「神田沙也加」として確立したいと、血のにじむような努力を重ねたのだそうです。そして演出家の宮本亜門氏に見出されてから、ミュージカルスターへの階段を着実にのぼり続け、大きな役柄もようやく手に入れるところに来ていた、そんな矢先の急逝はあまりにも不可解で、親族はもとよりファン、関係者のショックは大きいようです。

  • コンプレックスが二代目社長を苦しめる......(写真はイメージ)
    コンプレックスが二代目社長を苦しめる......(写真はイメージ)
  • コンプレックスが二代目社長を苦しめる......(写真はイメージ)

早すぎる神田沙也加さんの死が意味すること

   芸能の世界で生きていく限りにおいて、同じ世界であまりにも大きな成功をしてきた母は常に比較される対象であり、たとえ活動ジャンルが異なっていても芸能というフィールドに留まっているならば、決して逃げられない「ライバル」でもあります。

   しかも絶対に勝てないと思う「ライバル」だとすれば、それは当然コンプレックスになって、いくらがんばっても壁にぶち当たるというようなことがあるたびに、コンプレックスが本人を苦しめ、追い詰めることになっていたのかもしれないことは想像できます。

   カリスマ経営者や創業経営者の後を継ぐ血縁後継者には、ある意味、沙也加さんと同じような葛藤があるという姿をいくつも見てきました。

   大きな功績を残して亡くなった父の跡を継いだR氏は、経営者として父と比較されることを嫌って経営者としての独自色を出そうとするあまり、先代の脇を固めていた役員たちの反対を押し切って未経験の新規事業に多額を投資しました。挙句に、自身に反発する役員たちを解任して実質、独裁体制を築きます。

   一度は軌道に乗りかけた新規事業でしたが、次第に足を引っ張ることに。それでもR氏は意地でも撤退はせず、結果大きな赤字を計上。3年後には民事再生の憂き目に会い、会社は人手に渡ることになりました。

   後継者の独自路線が100%失敗するというわけではありませんが、R氏の場合はまさしく親という「ライバル」に対するコンプレックスに押しつぶされた結果のように思えました。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中