2022年 5月 29日 (日)

夫の年収3500万円専業主婦...働きたい理由「自分磨き」は贅沢? 「ぐうたら生活むなしい」で大炎上! 専門家に聞いた(1)

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   夫の年収が3500万円の40代の専業主婦の悩み。

――ぐうたら生活で、頭の回転が悪くなってきたので「自分磨き」のために働きたい。

   そんな投稿が大炎上している。女性には子どもはなく、結婚後は一度も働いたことがないらしい。仕事を探すにはどうしたらよいか、というのだ。

   「お金があるのだから、寄付かボランティアでもやれば」と冷ややかに突き放す意見が大半だが、「働いて自己実現したい気持ちはわかる」という共感の声も寄せられている。専門家に聞いた。

  • 「専業主婦、このままでいいのか」が話題に(写真はイメージ)
    「専業主婦、このままでいいのか」が話題に(写真はイメージ)
  • 「専業主婦、このままでいいのか」が話題に(写真はイメージ)

「ふとこのままでいいのか不安に」

   話題になっている投稿は女性向けサイト「発言小町」(2022年1月15日付)に載った「専業主婦、このままでいいのか」というタイトルの投稿だ。

   投稿者は40代女性で、子どもはいない。ざっと紹介するとこんな内容だ。

「夫の要望で結婚してから20年ほど専業主婦をしております。子供はおりません。結婚当初は働きたい意欲があったのですが、ここ数年はもうぐうたら生活です。この期間でだいぶ頭の回転が悪くなった気がします。自信もなくなり、友達と会いたい気持ちも薄れてしまいました。
夫(40代会社員)の年収は3500万円程度で生活に不満はなく(中略)心は平和です。夫は十分に愛してくれ、お金をかけてくれますが、ふとこのままでよいのかと不安になります」
夫から愛されているのはうれしいが...(写真はイメージ)
夫から愛されているのはうれしいが...(写真はイメージ)

   そして、専業主婦の自分自身には何もないのに「高所得者の妻」という変な自信があり、そんな自分が嫌になる。夫の周りの奧さんたちは、子どもがいれば専業主婦だが、子どもがいない場合はバリバリ働いている人が多いらしい。そして、

「自分を磨き、本当の意味で自分に自信が持てるようになったら、夫を説得し、また働きたい。再就職のためにどんなことから始めたらよいのでしょうか」

と、悩みを訴えるのだった。

   ちなみに、結婚前はMR(医薬情報担当者)の仕事をしており、薬剤師の資格がある。帰国子女だったため英語が得意。ほかに、JavaやJavaScript(コンピューター言語)、簿記2級、FP(ファイナンシャル・プランニング)2級の資格も持っているという。

   もっとも、問題は夫の考え方だ。

   妻が働くことに断固反対しており、ふだんは優しく怒ることもない。しかし、こと仕事の話題を持ち出すと、「心配だから(ダメ)、以上!」と話を打ち切ってしまうのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中