2022年 5月 17日 (火)

ABCマート株が5%高、株主優待の廃止で上昇? 配当などの優先に機関投資家が好感!

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   靴専門店チェーン国内首位のABCマート(社名はエービーシー・マート)の株価が2022年1月13日に一時、前日終値比250円(5.5%)高の5250円まで上昇した。その後も値崩れはしていない。

   前日の12日に発表した株主優待制度の廃止と自社株買いが株主還元強化策と受け止められた。同時に発表した2021年3~11月期連結決算も堅調な内容。年明けに発表した12月の売上高も好調で、21年12月28日につけた昨年来安値(4825円)を直近の底値として値上がりしていく可能性もありそうだ。

  • ABCマートが株主優待を廃止に……(写真はイメージ)
    ABCマートが株主優待を廃止に……(写真はイメージ)
  • ABCマートが株主優待を廃止に……(写真はイメージ)

株主優待はコストがかかる

   商品やサービスを通常価格より割り引くなどして提供する株主優待制度は、節約策にもなるとして個人投資家に人気がある。しかし、提供する側にとってはコストがかかるため、コロナ禍で経営悪化した企業が廃止や縮小に踏み切るケースは珍しくない。

   ただ、ABCマートの場合は国内では足元、コロナ禍前まで売り上げを戻しており、海外も好調。コストを嫌うのではなく、配当など他の還元策を優先するためという点が機関投資家に歓迎されている。

   ABCマートは優待制度について、

「株主のみなさまのご支援に感謝するとともに、より多くの方々に中長期的に株式を保有いただくことを目的としてきた」としたうえで、「すべての株主様への公平な利益還元の観点より、配当等による利益還元を優先することとし、株主優待制度を廃止する」

と説明している。

   具体的には2021年2月末時点の株主に贈った2022年4月末を有効期限とした優待券を最終とする。一方、自社株買いは発行済み株式総数の1.81%にあたる150万株、75億円を上限とし、22年1月13日~2月28日に取得する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中