2022年 5月 22日 (日)

メーガン妃、英政府と対立! セレブ夫妻が大金積んでも買えない「愛する祖母との再会」(井津川倫子)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   英国王室に新たな火種が勃発です!

   火元はやはり、「お騒がせカップル」のメーガン妃とハリー王子のお二人。英王室を離脱したハリー王子の警備費用をめぐって、夫妻と英政府との対立が深まるなか、「仲直り」を試みた父親のチャールズ皇太子に過去のスキャンダルが再燃するなど、トラブルの火は広がる一方です。

   エリザベス女王の即位70周年や故フィリップ殿下の一周忌など、王室イベントが目白押しの2022年。やっぱり「ゴシップの宝庫」英王室から、目が離せません!

  • 英王室から、目が離せません!
    英王室から、目が離せません!
  • 英王室から、目が離せません!

お騒がせ夫婦、今度はハリー王子が「英政府を訴える」?!

   早いもので、2020年にハリー王子夫妻が英王室を離脱してからちょうど2年。この間、米ロサンゼルスに移住して、暴露本の出版やメディアからの莫大な契約料で「超大金持ち」となった二人が、ここに来て新たなトラブルを引き起こしています。

   ハリー王子が、英国滞在時に「費用を自己負担しても警備を受けられない」という英国政府の決定に、異議を申し立てたことが明らかになりました。

   Prince Harry in legal fight to pay for UK police protection
  (ハリー王子、英国での警備費負担をめぐって法廷闘争へ:英BBC放送)


   in legal fight:法廷闘争

   もはやロイヤルメンバーではないハリー王子夫妻は、英国を訪問しても警察による警備の対象にはなりません。ふだんは米国の民間警備会社を利用している夫妻ですが、英国ではパパラッチに執拗に追われるなど「身の危険」を感じることがあり、「必要な水準の警備」が必要だと求めています。

   今回発表された声明では、「警察の保護による安全が保証されないため、王子とその家族は自宅に戻ることができない」と主張。さらに、ハリー王子がダイアナ妃記念像の除幕式のために2021年7月にイギリスに帰国した際、「警察の警護がなかったために身の危険にさらされた」ことや、「警備費用を支払うと申し出たが拒否された」ことなどが明らかになりました。

   なぜ、これほどまでにハリー王子夫妻は「警察による警備」にこだわっているのでしょうか?

   報道によると、民間の警備会社は活動範囲が限定されており、ロイヤルファミリーの居住地内や訪問地といった「内部」に足を踏み入れることができないそうです。さらに、「内部」を警備できる英国警察は、国民の税金でまかなわれています。そのため、公務を務めていないハリー王子たちは警備の対象にはならないのです。

   そうすると、もし、民間警備会社の管轄エリア外で「トラブル」が起きた場合、他のロイヤルファミリーは警備に守られても、ハリー王子や家族は「放っておかれる」ということなのでしょうか?

   2022年は、4月に故フィリップ殿下の一周忌や、6月にエリザベス女王在位70周年のお祝いなどが予定されていて、メーガン妃とハリー王子が二人の孫をつれて帰国するのではないかと話題になっていました。

   「警備」の問題が解消されない限り、愛する家族と会えない......。今のところ、ハリー王子が求める「法的措置」の詳細は明らかになっていませんが、「お騒がせカップル」の動向がメディアを賑わせていることは確かです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中