2022年 5月 17日 (火)

米国の長期金利上昇は止まるのか? 金融引き締めで注目高まるFOMC(1月24日~28日)【株と為替 今週のねらい目】

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米国の金融政策が注目されている。東京株式市場の日経平均株価は、米国の金融引き締めへの警戒感が高まりから、米国株が大きく下落したことを受けて急落。2022年1月25~26日の米FOMC(連邦公開市場委員会)を控えて、ボラティリティ(株価変動率)の高い相場が続きそうだ。

   ドル円相場も、米国株の下落からリスク選好のドル買いが後退。ドルは下落基調で推移している。ウクライナをめぐる米ロ対立の表面化で、地政学リスクが高まってきていることも、リスク回避のドル売りにつながる可能性がある。

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 米国株の急落で……(写真は、米ニューヨーク証券取引所)
    米国株の急落で……(写真は、米ニューヨーク証券取引所)
  • 米国株の急落で……(写真は、米ニューヨーク証券取引所)

東京株式市場 株価の上値重く......

日経平均株価予想レンジ:2万7000円~2万7900円

   2022年1月21日(金) 終値 2万7522円26銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、神経質な展開か。

   前週の日経平均株価は、3週連続で大幅続落した。市場では米国の金融引き締めに対する警戒感が強まっており、相場が大きく振られる展開が続いた。3月の利上げ幅について、これまでの0.25%から0.5%を予想する超えが高まったことで、米国の長期金利の上昇を背景に米国株が大きく下落し、日経平均株価の大幅続落につながった。

   今週の日経平均株価は、神経質な展開となりそうだ。25日からのFOMC(米連邦公開市場委員会)で、米国の金融政策がどのような結果となるのかが最大の焦点。米国の金融政策の行方とFOMCの結果を相場が織り込むまでは、神経質な展開が続くだろう。

   日経平均株価の大幅下落で、戻り売り圧力が強まっており、上値は重くなっている。引き続き、下げ相場に対する警戒感は必要だが、上昇していた米国の長期金利が1.7%台半ばまで低下してきた点は、相場の支援材料となりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中