2022年 7月 7日 (木)

和歌山の公立高校、宇宙専門コース新設...生徒は全国から募集! 宇宙×地域創生のポテンシャルは?(鷲尾香一)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   和歌山県は、串本町の県立串本古座高校普通科に2024年度、公立高校への設置は国内で初めて宇宙専門の「宇宙探究コース」を新設する――。2022年1月12日に発表があった。少子高齢化、過疎化に苦しむ地方での「地域創生に一石を投じる取り組み」となりそうだ。

  • 宇宙分野で活躍する人材の育成を目指す
    宇宙分野で活躍する人材の育成を目指す
  • 宇宙分野で活躍する人材の育成を目指す

国内初!民間小型ロケット発射場建設中の串本町

   和歌山県串本町の人口は、1950年には約3万5000人だったが、その後の急激な人口減少で、2021年末には約1万5000人と半分以下になった。

   もともと、串本高校と古座高校という別の高校だった串本古座高校は、地域の人口減少を受け、2009年に学校統合により誕生した。それでも、普通科のみの全校生徒数約270人の小規模校だ。

   だが、取り組みは先進的で、同校は「留学は外国だけじゃない!」を掲げる。数年前には、紀南地域の自然・文化などの学びを通して、将来にわたって地域に貢献できる人材を育成する地域未来創造コースとして、「グローカルコース」というカリキュラムを作り、全国から生徒を募集している。

   かねてから注目されていた県立串本古座高校。今回、宇宙専門コースの新設に乗り出したのは、小型衛星に対する商業宇宙輸送サービスを提供する事業会社「スペースワン」が国内初の民間小型宇宙ロケット発射場を串本町内に建設していることが背景にある。

   新設される「宇宙探究コース」では、宇宙関連の学習をするほか、スペースワンなど宇宙関連企業との連携を進める。

和歌山県立串本古座高校「宇宙探究コース」新設のロードマップ(和歌山県教育委員会の発表資料から)
和歌山県立串本古座高校「宇宙探究コース」新設のロードマップ(和歌山県教育委員会の発表資料から)

   コースの新設に備え、2022年度入学生から「総合的な探究の時間内」に宇宙関連学習をするほか、宇宙関連イベントなどへの参加を進める。そして、2023年度入学生には選択科目として「宇宙」を新設する。

   それにともない、宇宙教育の専門的な知見を持つ人物を教員として採用、有識者と宇宙関連企業などによる検討委員会の設置も検討している。

鷲尾香一(わしお・きょういち)
鷲尾香一(わしお・こういち)
経済ジャーナリスト
元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで、さまざまな分野で取材。執筆活動を行っている。
コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中