2022年 5月 16日 (月)

オリラジ中田さんも注目する「せどり」って何だ?!【尾藤克之のオススメ】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   コロナ禍で注目を浴びたビジネスモデル。それが「せどり」ではないかと思います。YouTube番組の『中田敦彦のYouTube大学』でも2月5日、2月6日の2回にわたって取り上げられた一冊を今回は紹介します。

「Amazonせどり確実に稼ぐツボ 51」(クラスター長谷川著)ソシム
  • 「せどり」って何?!
    「せどり」って何?!
  • 「せどり」って何?!

「せどり」は昔から存在する商慣習

   そもそも「せどり」の成り立ちについて、著者の長谷川さんは次のように話します。

「せどり(競取り、背取り)とは、元々、古書店で相場よりも安く売られている本を買い付けてほかの古書店に高く売り、差額で利益を出す商いのことをいいます。江戸時代から存在するビジネスモデルで、今では、オンライン販売が主流のスタイルとなっています。商品も古本だけではなく、DVDやゲーム、おもちゃ、家電など広範囲に及んでいます」(長谷川さん)
「(現在の)販売先は、Amazon、楽天ショップ、Yahoo!ショッピングのようなネット店舗から、ヤフオク、楽天オークション、イーベイといったオークション、スマホアプリの、メルカリ、ラクマなどへ拡大しています」(同)

   なかでも比較的ポピュラーなAmazonが稼ぎやすい、と長谷川さんは言います。

「Amazonでは、毎月4000万人以上の人が買い物をするので非常に回転率がいいと言われています。日本人の3人に1人が買い物をしている計算ですから驚異的です。Amazonにはフィフィルメントという、Amazonが商品の保管や注文処理、出荷、配送、決済、返品なども全てやってくれるサービスが存在します」(長谷川さん)
「これは、仕入れ商品をAmazon倉庫に送りさえすれば、あとはお客さまが欲しい商品を勝手に買っていってくれます。そして、2週間ごとに、売れた商品のお金が振り込まれるのを待つだけです。Amazonで買い物をするお客さまは、今すぐに商品が欲しいと思っています。稼ぐには、Amazonを効果的に使わなくてはいけません」(同)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中