2022年 5月 24日 (火)

結婚はしたいけれど...男性134万人「余っている」理由とは? 東大研究チーム調査を読む(鷲尾香一)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   結婚の意思のある19歳~49歳の未婚者は、男性が女性よりも134万人も「余っている」――。こんな衝撃的な分析結果を東京大学の研究チームが発表した。

   東京大学の研究チームは2月3日、2015年の「出生動向基本調査」を用いて「日本人における未婚者の特性及び婚姻相手に求める要件について」の分析結果を発表した。

   分析結果は2月3日に専門誌「Plos One」に掲載された。

  • 婚姻相手に求める要件を探った
    婚姻相手に求める要件を探った
  • 婚姻相手に求める要件を探った

男性の場合、収入と結婚は比例の関係

   婚姻状態と婚姻の意思を分析したところ、女性の場合には、収入が最も少ない層と最も多い層がより結婚している傾向があった。学歴別では、大卒が77%、高卒以下が69%、大学院卒が64%の結婚率だった。

   一方、男性は収入と結婚は比例の関係にあり、収入が高くなるにつれて、既婚者の割合が増えた。年収700万円以上の男性では24歳~39歳で84%、40歳~49歳で92%が既婚者だった。また、教育水準が高いほど結婚している割合が高くなった。

   俯瞰して見てみると、2015年時点での18歳~49歳女性2281万人のうち、既婚者は1236万人(54%)で、結婚意思のある未婚者は848万人(37%)、結婚意思のない未婚者は196万人(9%)だった。

   同様に、18歳~49歳男性は2312万人のうち、既婚者は1095万人(47%)で、結婚意思のある未婚者は983万人(43%)、結婚意思のない未婚者は233万人(10%)だった。

   もっとも、結婚意思のある未婚者について年齢階層で見ると、18~24歳では女男ともほぼ同数だが、25~39歳では約80万人、40~49歳では約50万人、と男性の方が余剰であることがわかった。

   居住地域別ではどうだったか。これについては、人口非過密地域と東京都を含む関東地方で、とくに男性余剰が約60万人と顕著だった。研究チームでは、「男女の地理的分布が結婚市場におけるカップル形成の障害になっている可能性が示唆される」としている。

   結婚に際して、女性は高収入・高学歴の男性を重視しやすいことは、以前から「三高」(高収入、高学歴、高身長)という言葉で表現されてきた。それを裏付けるように、今回の調査によると、とくに40~49歳男性は、教育水準が高いほど結婚している割合が高くなっている。

   同時に、収入・学歴の両方を満たす男性がいかに少ないかも明らかになった。

鷲尾香一(わしお・きょういち)
鷲尾香一(わしお・こういち)
経済ジャーナリスト
元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで、さまざまな分野で取材。執筆活動を行っている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中