2022年 5月 20日 (金)

シニア男性の再就職「出身大学の難易度」で決まる?驚きの調査...女性研究者に聞いた「プライド捨てましょう!」(1)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   最近、職場で「妖精さん」という言葉で若い人から揶揄されることも多くなったシニア男性。自分を変えていかないと、定年後の再就職は難しくなりそうだ。

   そんななか、高学歴の中高年男性の仕事への意識を調査したリポートが発表された。興味深いのは、何十年たっても卒業した大学の難易度(入試偏差値)にとらわれている「哀しいオトコの性(さが)」だ。

   出身大学の偏差値を上位から下位まで4段階に分け、それぞれの偏差値ごとに調べると、再就職の難しさや課題が見えてくるという。女性研究者に詳しく話を聞いた。

  • 高学歴中高年男性の仕事への意識調査が話題に(写真はイメージ)
    高学歴中高年男性の仕事への意識調査が話題に(写真はイメージ)
  • 高学歴中高年男性の仕事への意識調査が話題に(写真はイメージ)

大学難易度が高い人ほど再就職でミスマッチが

   この調査「東京圏で働く高学歴中高年男性の意識と生活実態に関するアンケート調査結果」(2022年2月8日付)をまとめたのは、日本総合研究所研究員の小島明子さんだ。

   民間企業に働き、かつ東京都内のオフィスに勤務し、東京圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に所在する4年制大学、大学院を卒業した1794人から働く意識と生活実態を詳しく聞いた。

   J‐CASTニュース会社ウォッチ編集部では、この報告(要約版)の元になった詳細な報告書(2019年8月29日付)を小島明子さんに提供してもらった。

   報告書では、中高年男性に出身大学・大学院の実名を聞き、(A)偏差値52未満、(B)偏差値52以上~58未満、(C)偏差値58以上~63未満、(D)偏差値63以上の4段階にグループ分けし、それぞれの特徴を詳しく分析している。

   それによると、約半数が定年後も仕事を続けたいと考えているが、とくに難易度が高い男性(Dグループ)ほど、スキルのミスマッチなどを理由に定年後の再就職に不安を持つ傾向がみられる。

   このDグループの男性たちに、現在保有しているスキルを聞くと、あくまで自己申告だが、ほとんどの分野でほかのグループの人たちより高い能力を示しているのだ(図表1参照)。いったい、なぜこの人たちが再就職を目指す際、苦労しがちになるのだろうか。この人たちのスキルは、語学、調査・研究、コンサルティング、経営企画、教育などに秀でている(図表2参照)。

(図表1)偏差値の高い人が保有しているスキル。ほとんどの分野ではかの人を上回る(日本総合研究所作成)
(図表1)偏差値の高い人が保有しているスキル。ほとんどの分野ではかの人を上回る(日本総合研究所作成)
(図表2)偏差値の高い人が再就職した職種。経営企画やコンサル、教育など指導的立場を望む(日本総合研究所作成)
(図表2)偏差値の高い人が再就職した職種。経営企画やコンサル、教育など指導的立場を望む(日本総合研究所作成)

   一方で、中小企業やNPOなどに再就職してもよいと考える男性は全体の72%に上るのに、この難易度が最も高いグループ(Dグループ)では59%にまで下がる。半面、大企業を望む人は、全体では28%なのに、難易度が最も高いグループでは41%に達する。どうやら、この「大企業志向」に課題がありそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中