2022年 8月 10日 (水)

シニア男性の再就職「出身大学の難易度」で決まる?驚きの調査...女性研究者に聞いた「プライド捨てましょう!」(1)

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「仕事」も「私生活」も満足度が高い高偏差値の人

   さらに、難易度が高くなるほど、「健康偏差値」が高くなることも明らかになった。高学歴な男性ほど、野菜や海藻類・きのこ類を多く食べる。毎日2回以上これらを食べる人の割合は、難易度が最も高い人は低い人の1.6倍だ(図表3参照)。また、運動・スポーツにも熱心で、BMI(体重と身長から算出される肥満度を表す体格指数)の基準でみると、肥満の人の割合は、難易度が最も高い人は低い人の0.8倍だ(図表4参照)。

(図表3)偏差値の高い人ほどヘルシーな食事をとる(日本総合研究所作成)
(図表3)偏差値の高い人ほどヘルシーな食事をとる(日本総合研究所作成)
(図表4)偏差値の高い人ほど肥満が少なく標準体重が多い(日本総合研究所作成)
(図表4)偏差値の高い人ほど肥満が少なく標準体重が多い(日本総合研究所作成)

   また、この人たちは公私ともに「幸せ」であることもわかった。たとえば「職業生活」の満足度を聞くと、「強くそう思う」と答えた人の割合は、難易度が最も高い人は低い人の1.5倍。「私生活」の満足度を聞くと、「強くそう思う」と「そう思う」を合わせて答えた人の割合は、難易度が最も高い人は低い人の1.5倍だった。出身大学の難易度がなぜ数十年後の「幸せ」にまで影響を与えるのだろうか(図表5、6参照)。このあと、調査をまとめた小島さんに聞いてみたいと思う。

(図表5)偏差値の高い人ほど職業生活の満足度が高い(日本総合研究所作成)
(図表5)偏差値の高い人ほど職業生活の満足度が高い(日本総合研究所作成)
(図表6)偏差値の高い人ほど私生活の満足度が高い(日本総合研究所作成)
(図表6)偏差値の高い人ほど私生活の満足度が高い(日本総合研究所作成)

   さらに興味深いことに、これは大学難易度とは関係ないが、会社内でも役職の上位にいるか、下位にいるかが、「健康」と「幸せ」に影響を与えていることもわかった。たとえば、ストレスを感じる度合いを聞くと、「まったくない」と答えた人の割合は社長や重役クラスでは33.2%もいるのに、係長・主任クラスでは17.8%しかいない。役職が高い人ほど「ストレス」が少ないのだ(図表7参照)。

(図表7)会社では偉い人ほどストレスが少ない(日本総合研究所作成)
(図表7)会社では偉い人ほどストレスが少ない(日本総合研究所作成)

   また、睡眠状況をみても、「睡眠をとれている」と答えた人の割合は社長や重役クラスでは42.9%もいるのに、係長・主任クラスでは29.2%しかいない。役職が高い人ほどたっぷり「いい睡眠」をとっているわけだ(図表8参照)。

(図表8)会社では偉い人ほど「よく眠る」(日本総合研究所作成)
(図表8)会社では偉い人ほど「よく眠る」(日本総合研究所作成)

   かつて、植木等が「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」と歌って、ヒラほど楽だったのは昔話になったのだろうか。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中