2022年 5月 17日 (火)

プリンスホテル「売却」に込めた西武HDの深謀遠慮...世界の潮流「運営」と「所有」分離への期待度は?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   首都圏の私鉄である西武鉄道を中核とする西武ホールディングス(HD)は、傘下のプリンスホテルが保有するホテルやスキー場、ゴルフ場など31物件をシンガポール政府系投資ファンドGICに売却すると決めた。

   プリンスホテルが国内に持つ物件数の約4割に当たり、売却額は1500億円程度となる。新型コロナウイルス禍で鉄道やホテルは軒並み収益力が悪化しているが、今回の売却は次を見据えた一手でもある。

  • 事業の立て直しに向けた改革が始まる(写真はイメージ)
    事業の立て直しに向けた改革が始まる(写真はイメージ)
  • 事業の立て直しに向けた改革が始まる(写真はイメージ)

ホテルへの投資で豊富な実績を有するGICへの売却

   2022年2月10日付の西武HDの発表によると、東京タワーの近くにそびえる主力ホテルの「ザ・プリンスパークタワー東京」や東京・池袋にある「サンシャインシティプリンスホテル」、バブル経済期のウインターレジャーの代名詞だった「苗場プリンスホテル」「苗場スキー場」などが含まれている。GICは日本も含めて世界で数多くのホテルに投資してきた実績を有している。資産の譲渡は2022年9月に予定されている。

   「プリンスホテル」と名乗っているのには、それなりの理由がある。

   GHQの占領政策の一環として1947年に実施された皇籍離脱の後、生活に困窮した旧宮家から西武グループが土地を買い取り、ホテルを開業したことに由来する。いずれも今回の売却対象に含まれていないが、「軽井沢プリンスホテル」は旧朝香宮家の別荘跡であり、「グランドプリンスホテル高輪」は旧竹田宮家の邸宅跡だ。

   以来、「プリンス」のブランドを冠して、ホテルだけではなく、ゴルフ場やスキー場などのリゾート開発を全国に拡大していった。グループ総帥の堤義明氏は日本オリンピック委員会(JOC)の会長まで務めて、1998年の長野オリンピックを実現させた。

   だが、2004年に発覚した西武鉄道の総会屋利益供与事件と、有価証券報告書虚偽記載事件を機に、義明氏は失脚。西武グループは銀行主導で再編され、ホテル・レジャー事業は西武HD傘下の事業会社プリンスホテルに集約された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中