2022年 5月 24日 (火)

楽天証券のポイント還元率0.2%に「引き下げ」 不評で顧客離れか?原因はグループのあの「新規事業」のせい

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   楽天グループのインターネット証券会社、楽天証券が2022年2月1日に発表した制度変更が利用者に波紋を広げている。

   投資信託積み立てのポイント還元率を引き下げる内容だったため、ネット上では「改悪だ」との書き込みが相次いだ。楽天証券などを傘下に抱え、ポイント還元で顧客を拡大してきた楽天グループに何が起きているのか。

  • コングロマリット、楽天グループは「エコシステム」が強みだ(写真はイメージ)
    コングロマリット、楽天グループは「エコシステム」が強みだ(写真はイメージ)
  • コングロマリット、楽天グループは「エコシステム」が強みだ(写真はイメージ)

ポイント足がかりに、グループ内サービスへ誘導する戦略

   今回のポイント還元制度の変更は、楽天グループのクレジットカード「楽天カード」で支払って投資信託を積み立てる場合の共通ポイント「楽天ポイント」への還元率について、現状の1%を2022年9月買付分から0.2%に引き下げるというもの。楽天証券が発表した数時間後には、競合するSBI証券が他社から乗り換えた顧客向けのキャンペーンを打ち出し、顧客争奪の熾烈さがうかがえる事態だった。

   もっとも、楽天グループのポイント還元の「改悪」は初めてではない。主力事業の「楽天市場」でも2022年4月以降、ポイント付与の対象が消費税込み価格から、本体価格に変更される。10%程度の違いだが、ポイント増額キャンペーンでは影響が大きくなる。

   2021年6月には、楽天カードで支払う電気やガス、水道の料金について、1%だったポイント還元率を0.2%に引き下げており、これで公共料金の支払いを他のクレジットカードに移した利用者もいた。

   携帯電話会社やIT系企業は、それぞれのポイントプログラムを顧客囲い込みのツールとして活用している。その中でも楽天グループは、楽天市場を足がかりに各種金融サービスなどを自前で手掛け、利用に応じて楽天ポイントを還元することによって、「楽天エコシステム(経済圏)」を拡大してきた。

   ポイントを大盤振る舞いして集めた顧客をグループ内の他のサービスにも誘導して、全体の収益力を高めようという戦略だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中