2022年 5月 27日 (金)

世界に大きく羽ばたく企業を創出!「ひろしまユニコーン10」プロジェクト始動

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   広島県はスタートアップ企業の挑戦への支援をより強化するため、2022年3月16日から、「ひろしまユニコーン10」プロジェクトを始動した。

   このプロジェクトは、10年間で世界に羽ばたき大きく成長するユニコーンのような企業を10社生み出すことを目標に掲げ、それらの企業の挑戦を応援するため、10のサポートメニューを提供する。

   広島から世界に伍するスタートアップ企業を生み出していくことで、東京一極集中の流れを変えることにつなげるとともに、こうした企業の成長がロールモデルとなり、広島から世界に羽ばたき大きく成長することを志す、有望なスタートアップ企業が次々と生まれ集積することで地域経済の好循環につなげることを目的とする。

  • 広島県はスタートアップ企業の活動を応援!(写真はイメージ)
    広島県はスタートアップ企業の活動を応援!(写真はイメージ)
  • 広島県はスタートアップ企業の活動を応援!(写真はイメージ)

時価総額10億ドル超へ急成長する企業を探して育てる

   広島県はこれまで、世界に選ばれる「イノベーション創出拠点 ひろしま」となるべく、県内各地でデジタル技術を活用した新たなビジネスの実証実験を行う「ひろしま サンドボックス」や「スタートアップ・エコシステム拠点都市」としてのスタートアップ支援施策に取り組んできた。

   「ひろしまユニコーン10」プロジェクトは、10年間でユニコーンのような企業を10社 創出することを目標として掲げ、広島から世界に大きく羽ばたき成長することを目指す企業を応援する。このプロジェクトで、スタートアップ企業支援の取り組みを、さらに強化する。

   広島県が目指す「ユニコーン」企業は、創業年数や事業分野、上場未上場にはこだわらず、時価総額10億ドル以上への急成長を志向する企業をいう。スタートアップはもちろん企業内で新事業にチャレンジしてカーブアウトを目指す人や後継ベンチャーも歓迎し、成長フェーズに合わせたサポートを展開する。

   プロジェクトを支える「10」のサポートメニューとして、

(1)パートナー探しをアシスト!
(2)実証フィールドをアシスト!
(3)スモールスタートをアシスト!
(4)さらなる急成長をアシスト!
(5)資金獲得に向けた発信をアシスト!
(6)環境・エネルギー、カーボンリサイクル分野への進出をアシスト!
(7)健康・医療関連分野への進出をアシスト!
(8)海外ビジネス展開をアシスト!
(9)広島県への企業移転をアシスト!

   さらに、これに加えて、(10)スタートアップの活動を全力で応援する湯崎英彦知事と、職員一人ひとりの企業・人材との繋がりを活かして、マンパワーでアシストしていく「スタートアップフレンドリー」を用意した。

   コロナ禍にあって、東京一極集中から「適散適集」と変化している中で、広島県は地方でも挑戦しやすい環境づくり、挑戦することが当たり前の土壌や文化が必要だと考えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中