2022年 8月 11日 (木)

コロナ禍での若手育成「リモート研修」でわかったこと パーソルテンプスタッフ人事本部長/人事戦略部長に聞く(前編)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新型コロナウイルスの感染拡大の影響から、リモートワークが本格化するなど、「働き方」は大きく変化した。なかでも打撃を受けたのは、新入社員をはじめとする若手社員たちかもしれない。リモートスタイルの社員研修の本格導入が進んだ世代だからだ。

   そんなアフターコロナのこれからの時代、「できるヒト」のイメージもまた変わりつつある。では、これから活躍するのはどんな人材なのか? そして、企業として期待する人材をどんなふうに育成していけばよいのか?

   今回、総合人材サービスのパーソルテンプスタッフの人事本部長・加瀬洋子さんと、人事戦略部長・星野達也さんにお越しいただいた。<前編>では、星野さんから同社の社員研修の動向、リモート研修と対面型研修のメリット、これからの研修のポイントを聞いた。

  • パーソルテンプスタッフ人事本部長の加瀬洋子さん(左)、人事戦略部長の星野達也さん(右)
    パーソルテンプスタッフ人事本部長の加瀬洋子さん(左)、人事戦略部長の星野達也さん(右)
  • パーソルテンプスタッフ人事本部長の加瀬洋子さん(左)、人事戦略部長の星野達也さん(右)

新たに「2年目研修」を取り入れた理由

――若手社員向けの研修では、どのようなことに取り組んでいますか。

星野達也さん「弊社では、人事部主催の若手対象の研修として、1年目、2年目、3年目に研修があります。1年目は、一般的な『ビジネスマナー』やロジカルシンキングなどの『ビジネススキル』にはじまり、『コンプライアンス研修』、『情報保護研修』などインプット中心のもの。それにくわえて、社会人として必要なマインドセットを学ぶ研修(『理念教育』など)をおこなっています。3年目は『キャリア研修』が中心です。これまでどちらかといえば、入社1年目の新入社員研修に注力してきました。しかし今年度(2021年度)は新たな取り組みとして、2年目研修を取り入れました」
「みんなが集まって会話する場、『つながる』場をつくりたい」と星野さん
「みんなが集まって会話する場、『つながる』場をつくりたい」と星野さん

――どういったねらいがあったのでしょうか?

星野さん「しっかり若手社員を育てていくことに加えて、コロナ禍の影響から『集まって会話する』機会が少なくなってしまったという背景があります。弊社では例年、100人程度の新入社員が入社します。コロナ前なら、対面で研修をおこなうので、同期入社の仲間と会って話す機会がありました。ところが、2020年度入社の2年目社員はリモート研修の本格的な導入とあいまって、採用時期から一度も会わない同期がけっこういる、そんな状況でした。そこで、対面による2年目研修を開催し、同期社員同士が『つながる場』としたいというねらいがありました」

――2020年度入社の方は、リモート研修を本格的に取り入れた最初の世代ともいえそうですね。

星野さん「補足しますと、コロナ前は、1か月かけておこなう全員参加の研修でした。また、その後も月1回くらいのペースで研修が続き、新入社員たちは組織を超えて仲間と会って、横のつながりを築く機会が多かったわけです。ところがコロナ禍で、一部の研修はリモート研修に代替しました。感染拡大を受けて、本来はみんなで意見を交わすことが大事な、マインドセットを学ぶ研修もリモートでせざるを得ませんでした。
やってみての率直な感想は、コミュニケーションがとりにくいところもあったな、と。対面の研修であれば、メインで話す人事担当者一人がいて、その周囲にはサポートする人もいます。そういう体制だから、受講者(新入社員)の反応や態度、どんな関心があるか、ということがなんとなく見えてくるものでした。リモート研修の場合はそこがやりにくくて、『ちょっとしたコミュニケーション』が難しかったのです」

2年目研修受講者の8割は「対面でよかった」

「リモート研修で、学びの理解が浅くなったという反応はほとんどありません」と星野さん
「リモート研修で、学びの理解が浅くなったという反応はほとんどありません」と星野さん

――たしかに、そういう些細なやり取りから、新入社員も気づくことがありますし、人事のみなさんも彼らのおかれている状況や気持ちを汲み取ることができるでしょうからね。

星野さん「まさに、そうです。リモート研修の場合(リモート取材でもそうかもしれませんが)、必ず1対1の関係性になりますよね。ウェブ会議のシステムを通じて関係者が同席していたとしても、横の会話ってほとんどできません。リモート研修の難しさは、そこにあると思いました。
また、入社して間もない時期はいろいろ質問したいこともあるでしょう。それも、全員が関心を持つ内容ばかりではなく、ちょっとした疑問も聞いてみたい。これなどはコロナ前なら、休憩時間を使って気軽にできることでした。リモート研修では、そのあたりがフォローしにくかったですね。それだけに、対面でのコミュニケーションを大事にしたいなとあらためて思いました」

――なるほど。対面方式の研修、リモート研修......もしかしたら、これからはそれぞれ必要なのかもしれませんね。研修を成功させるためのポイントはなんでしょうか。

星野さん「参考になりそうな話として、リモート研修になったからといって、学びの理解が浅くなったという反応はほとんどありませんでした。そして、リモート研修中心だった2年目社員が、対話の多い対面での研修を体験してみたところ、約8割は『対面でよかった』というアンケート結果でした。 つまり、どういうことが言えそうかというと、学びの質が重要なインプットが必要な研修はリモートでも問題ない。しかし、自身の考えを深めていくタイプのマインド系の研修は対面方式のほうがいい、ということだと思います。
もうひとつ、研修は『学びの場』であると同時に、『つながりの場』だと実感しました。どうしてもリモート研修では、つながりが薄れてしまう......。そこをどう演出するかは、人事側の腕の見せ所ですね。ちなみに、リモートにするか対面で実施するか、直前まで決まらないということはよくある話。両にらみで準備するのは大変だと思うので、研修の内容やテーマごとに、リモートか対面か事前に決めておくとよいでしょう」

   今回の<前編>では、パーソルテンプスタッフの社員研修スタイル、リモート研修、対面研修それぞれのメリットが見えてきた。<後編>では、社員育成のあり方を聞く。

   <コロナ禍で本当に大切な「社員研修」が見えてきた! パーソルテンプスタッフ人事本部長/人事戦略部長に聞く(後編)>につづきます。

(会社ウォッチ編集部)

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中