2022年 6月 29日 (水)

没頭できる「遊び」「趣味」持つ人は成功する?! 精神科医が語る「遊びの効果」とは【尾藤克之のオススメ】

イルカ・クジラが描く虹をモチーフにした"G-SHOCK"&"BABY-G"

   いまの大変な時代は「楽しいことを見つける力」が大切です。しかし、日本人の多くは「仕事ファースト」で生きています。遊びや趣味は、仕事が終わって余った「余暇」でするものと考えています。なかには、仕事や勉強が忙しくて、遊ぶ暇なんてないという人も少なくありません。「遊びの効果」とは何でしょうか。どんなメリットをもたらすのでしょうか。

「精神科医が教える 毎日を楽しめる人の考え方」(樺沢紫苑 著)きずな出版
  • 遊びの効能とは(写真はイメージ)
    遊びの効能とは(写真はイメージ)
  • 遊びの効能とは(写真はイメージ)

「趣味はなに?」と聞かれて答えられますか?

   樺沢さんは、「楽しい」を目的にする人が成功する、と言います。どういうことでしょうか?

「『お金』を目的にする副業、起業は失敗します。では、どうすればいいのか。『楽しい』を目的にすればいいのです。私は8年間YouTube動画を毎日更新していますが、『苦しい』『たいへん』と思ったことは一度もありません。むしろ、毎日、動画がアップロードされるたびに、楽しくてしようがありません」(樺沢さん)
「その動画を見ることで、心が癒やされたり、メンタル疾患が治る人が1人でもいたりするならば、それは楽しいです。実際に、コメント欄には『参考になりました』『自分もやってみます』といったポジティブなコメントがたくさんつくのです。『楽しい』と思った瞬間に、ドーパミンが出ますので、モチベーションは補充されます」(同)

   みなさんにも、習慣化していることがあると思います。朝散歩、日記、料理・・・・・・楽しいから続けられるのでしょう。そして、「今日もがんばろう」「明日もがんばろう」という意欲が湧いてくるのだと思います。

「結果として、フォロワー数が少しずつ増えて(それで、さらにモチベーションがアップ)、いつのまにか、会社からの給与を超える収入を得ることができるのです。『遊びで収益を得られる』に強く反発する人は、もしかしたら過去に挫折した経験があるのかもしれません。そして、おそらくその人は『お金』を目的に、副業、起業を始めたはずです」(樺沢さん)

   筆者にとっては、ニュース記事を書くことが習慣になっています。アクセスがよく評判につながるとモチベーションがアップします。気がついたら、記事を書くと、それなりの収入につながることに気がつきました。かれこれ10年以上続けている習慣です。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中