2022年 5月 22日 (日)

小室圭さん「2度目」のチャレンジ失敗に、海外メディアがなぜか「無関心」なワケ(井津川倫子)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さんが、ニューヨークのメトロポリタン美術館に「就職」したニュースが世界中に駆け巡るなか、今度は夫の小室圭さんがニューヨーク州の司法試験に不合格だったとの一報が入ってきました。新天地で新しいキャリアを模索しているお二人ですが、「就職」に関しては明暗が分かれてしまったようです。

   2022年7月に実施される司法試験に再々チャレンジをすると報じられている小室さん。国内ではお二人の今後に注目が集まっていますが、「小室夫妻追っかけ取材」でおなじみの英紙は、意外な点に関心を寄せているようです。

  • 眞子さんはニューヨークのメトロポリタン美術館に「就職」したけれど
    眞子さんはニューヨークのメトロポリタン美術館に「就職」したけれど
  • 眞子さんはニューヨークのメトロポリタン美術館に「就職」したけれど

就労ビザの取得はハードル高い...案じられるNY生活の先行き

   眞子さんがメトロポリタン美術館に「無報酬」で働き始めたと報じられたまさに翌日、2度目の挑戦となったニューヨーク州司法試験の合格者リストに小室圭さんの名前が無いことが明らかになり、海外メディアでも報じられました。

Former princess Mako's husband fails New York state bar exam again
(元プリンセス眞子さんの夫が、ニューヨーク州の司法試験に再度不合格:米週刊誌)
bar:法曹界、弁護士団

   合格者リストが公表されるのを待ち構えていた人がいたのでしょうか。ニューヨークとの時差を感じさせない「超速報」で、日本国内にも伝わってきたこのニュース。小室さんが不合格だったことで就労ビザの取得が難しくなったと、お二人のニューヨーク生活の先行きを案じる報道が目につきます。

   私も海外で働いた経験があるのでよくわかりますが、「ビザ」は海外在住者にとって最大の関門です。現地で収入を得ることを認める「就労ビザ」はとくにハードルが高く、よほどの特殊技能を持っていないと発行してもらえません。

   かつて「寿司職人は日本人の特殊技能として認められやすい」と、寿司職人養成スクールに通って海外に渡ろうとする「にわか寿司職人」の存在が話題になりました。「サッカー選手よりも寿司職人の方がビザを取りやすい」と語っていた著名選手もいたほどです。が、いまは事情が違うことを付け加えておきます。

   さて、小室さん自身が今回の試験結果について「5点足りなかった」と語っているそうですが、日本人がネイティブな人々と同じ土俵で闘うのは相当厳しい道のりでしょう。少なくとも、「日本人のメリット」を生かせない選択であることは間違いなさそうです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中