2022年 5月 23日 (月)

「この会社に入って本当によかった!」 心の底から後輩にススめたい企業トップ30社...個性的な会社が続々ランクイン

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「ああ、この会社に入って本当によかった~!」。心の底からそう思えて、後輩や友人にもぜひススめたい企業はどこか――。

   転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「Open Work」を運営するOpen Work働きがい研究所が「新卒入社してよかった会社ランキング2022」を、2022年4月21日に発表した。

  • やりがいのある仕事ができるぜ!(写真はイメージ)
    やりがいのある仕事ができるぜ!(写真はイメージ)
  • やりがいのある仕事ができるぜ!(写真はイメージ)

トップ10のうち3社外資系、うち2社コンサルティング会社

   「Open Work」は、社会人の会員ユーザーが自分の勤め先の企業や官庁など職場の情報を投稿する、国内最大規模のクチコミサイト(会員数は約450万人 2021年12月時点)だ。「待遇の満足度」「20代成長環境」「人材の長期育成」など8つの項目に0~10点で答えて評価、コメントする仕組みだ。

   今回の調査は、Open Workにクチコミ投稿した会員による自分が勤める会社への評価レポート約12万3000件をもとに行われた。基準はたった1つ、「あなたは、自分が勤める(あるいは元いた)会社に就職・転職することを親しい友人や家族にどの程度勧めたいと思うか」を、0~10点で答えて評価するというもの。つまり、「先輩」として「後輩」に心の底から入社をススめたいかどうかというアツイ思いが込められたランキングなのだ。

   その結果、1位に米国のコンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン、2位に日本のインターネットメディア・ユーザベース、3位に日本のマンション開発コスモスイニシア、4位に米国の巨大IT企業グーグル、5位に日本の三井不動産。 6位に日本の中外製薬、7位に日本の特殊鋼専門商社ISSリアライズ、8位に米国のコンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー、9位に日本のサントリーホールディングス、10位に日本のITソリューション電通国際情報サービスという結果になった=図表参照

(図表)新卒入社してよかった会社ランキング。トップ30社
(図表)新卒入社してよかった会社ランキング。トップ30社

   トップテンのうち3社が外資系企業で、うち2社がコンサルティング会社だった。日系企業が7社入ったが、ほかの就職希望ランキング調査では常に上位に入る総合商社は三菱商事1社だけ。また、自動車、電機など大手製造業はランクインせず、個性的な企業が並んだ。

   たとえば、2位のユーザベースは2008年創業で、ソーシャル経済メディアの「News Picks」や経済情報サービスの「SPEEDA」などを提供する情報関連企業だ。同社はミッションを「経済情報で、世界を変える」としており、勤務時間の制約や出社義務がなく、服装も自由である。

   7位のISSリアライズは、未上場の金属加工の専門商社。今年1月、創立100周年を機に「井上特殊鋼」(大阪市西区)から社名変更した。早くからDX化に踏み切り、若手社員に大きな裁量権を与えており、ここ2、3年、Open Workの「20代を伸ばす企業ランキング」では上位の常連だ。

   また、11位のインターネットメディア運営リブセンス(東京都品川区)は2006年、大学1年生だった村上太一社長が創業したアルバイト情報サイトが前身。当時としては画期的だった求人広告無料掲載システムで伸ばした。14位のワンスター(東京都品川区)は通販企業を対象にしたデジタルマーケティング支援会社で、2008年創業と、若々しいベンチャー企業が並ぶ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中