2022年 5月 23日 (月)

20年ぶりの円安1ドル=130円 4日の米FMOCに警戒感、まだ金利差ひらく?(5月2日~6日)【株と為替 今週のねらい目】

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   円安は、とうとう1米ドル=130円台に突入した。日本銀行の黒田東彦総裁が金融政策決定会合後の会見で、強力な金融緩和を維持する姿勢を示したことで日米金利差の拡大が続くと強く意識されたためとされる。

   今週はゴールデンウイーク。取引は2022年5月2日と6日だけだが、米国では4日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が金融政策を発表する。利上げ幅の拡大などの観測が浮上しており、警戒感が広がっている。

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 円安、まだまだ進む?(写真はイメージ)
    円安、まだまだ進む?(写真はイメージ)
  • 円安、まだまだ進む?(写真はイメージ)

東京株式市場 気になる米株式市場の動向

日経平均株価予想レンジ:2万6000円~2万7000円

2022年4月28日(木) 終値 2万6847円90銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、様子見気分の強い展開か。

   前週の東京株式市場の日経平均株価は、週初から2万7000円を割り込み大きな下げとなったが、週末4月28日には大幅反発したものの、2万7000円を回復することはできなかった。

   日本銀行が28日の金融政策決定会合で大規模な金融緩和策を継続し、加えて10年物の長期国債利回り0.25%では無制限に国債の買い入れを行う指値オペレーションの強化を決めたことで、1ドル=130円を超える円安進行となったことが買い材料となった。

   今週の日経平均株価は、様子見気分の強いなか、上値の重い動きとなりそうだ。ゴールデンウイーク(GW)に突入し、取引は2日と6日だけとなる。GW前のポジション調整もあり、加えてGW中の4日にFOMC(米連邦公開市場委員会)による米国の金融政策が発表される。0.5%からの利上げ幅の拡大などの観測が浮上しており、米国株市場が大きく動く可能性もあり、警戒が必要だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中