2022年 5月 17日 (火)

日本でも広がる「プラントベースフード」...多彩な商品続々 健康志向&環境問題への意識から世界的関心高まる

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   肉などを模した「プラントベースフード」という食品が広がっている。

   植物(プラント)をベースにしたものだ。J-CASTニュース「代替肉が『定番』になる日、意外と近い?」(2020年2月1日付)でも報じたが、これまで多かった大豆使用の代替肉を使った商品に加え、最近では野菜などで作った「代替卵」など、商品は多彩化している。

   プラントベース専門の外食店も増え、こうした外食店向けに植物由来の本格的なデミグラスソースを提供する食品メーカーも出ており、市場は急拡大しそうな勢いだ。

  • 広まるプラントベースフード(カゴメとTWOが共同開発した「Ever Egg(エバーエッグ)を使ったメニュー/プレスリリースから)
    広まるプラントベースフード(カゴメとTWOが共同開発した「Ever Egg(エバーエッグ)を使ったメニュー/プレスリリースから)
  • 広まるプラントベースフード(カゴメとTWOが共同開発した「Ever Egg(エバーエッグ)を使ったメニュー/プレスリリースから)

創意工夫でおいしさ追求

   カゴメとプラントベース専門の飲食店「2foods(トゥーフーズ)」を運営するTWOは、動物性原料を一切使わない卵「Ever Egg(エバーエッグ)」を使用したオムライスを共同開発したと2022年3月に発表した。エバーエッグは主にニンジンと白インゲン豆を使って製造。通常の卵と違って、熱を加えても固くならず、「ふわとろ」の食感が楽しめるのが特徴だという。

TWOの「エバーエッグオムライス(プラントベースデミグラスソース)」(プレスリリースから)
TWOの「エバーエッグオムライス(プラントベースデミグラスソース)」(プレスリリースから)

   キユーピーは3月から、卵の味わいがあるプラントベースフード「HOBOTAMA(ほぼたま)」の通信販売を開始した。東京など一部エリア限定で始めたが、販売エリアは順次広げたい意向だという。脱脂アーモンドパウダーなどを使い、液卵風とスクランブルエッグ風の2種類を準備。卵料理風のプラントベースメニューが自宅でも簡単に作れる。21年夏に業務用に販売したところ、一般の人から「買いたい」という要望が多数寄せられたことで、市販用に開発した。

キユーピーの「HOBOTAMA 加熱用液卵風」を使用したオムレツ(プレスリリースから)
キユーピーの「HOBOTAMA 加熱用液卵風」を使用したオムレツ(プレスリリースから)

   ハインツ日本は、ホテルやレストランなど業務用にプラントベースのデミグラスソースやホワイトソースなどを開発し、3月から販売を始めた。デミグラスソースは肉のうまみを凝縮したソースで、植物由来の材料だけで作るのは非常に難しいとされる。同社は野菜のうまみをベースにスパイスや独自製法を駆使した。「ソースさえあれば、専門の飲食店ではない普通の店でもプラントベースのメニューが手軽に提供できるはず」としており、プラントベースの広がりに貢献したいという思いもある。

ハインツ日本の業務用プラントベースを使用したハヤシライスとパスタ(プレスリリースから)
ハインツ日本の業務用プラントベースを使用したハヤシライスとパスタ(プレスリリースから)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中