2022年 5月 28日 (土)

マネーフォワード社員の平均給与は上昇中!? 直近5年の最終損益は赤字続きだけど...

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   上場企業の財務諸表から社員の給与情報などをさぐる「のぞき見! となりの会社」。今回取り上げるのは、クラウド会計ソフトのマネーフォワードです。

   マネーフォワードは、辻庸介氏(1976年生まれ)が京都大学を卒業後にソニー、マネックス証券を経て2012年に独立起業して設立した会社です。2017年に東証マザーズに上場し、2021年6月には東証一部に市場変更を果たしました。現在は東証プライム市場に上場しています。

  • 急成長のマネーフォワードに注目(写真はイメージ)
    急成長のマネーフォワードに注目(写真はイメージ)
  • 急成長のマネーフォワードに注目(写真はイメージ)

創業以来の赤字続きも直近でEBITDAが黒字に

   それではまず、マネーフォワードの近年の業績の推移を見てみましょう。

   マネーフォワードの売上高はマザーズ上場以来、右肩上がりに伸長しています。2021年11月期には4期前の5倍超となる156億32百万円の売上高をあげており、同年第3四半期は前年同期比で30%増という高成長を果たしています。

   一方、営業損益および最終損益はいずれも赤字続きで、上場以来一度も黒字転換したことがありません。2020年11月期には、営業赤字が28億04百万円、最終赤字が24億23百万円まで拡大しました。

   翌2021年11月期には、営業赤字が10億62百万円、最終赤字が14億82百万円へと改善したものの赤字のまま。ただし会社はEBITDA(営業利益+償却費+営業費用に含まれる税金費用+株式報酬費用)を重要な経営指標としており、2021年11月期には初めてプラスになっています。

   なお、東証一部への市場変更は、赤字であっても売上高と時価総額の要件を満たしていれば可能であり、この基準をクリアしています。

   2022年11月期の業績予想は「合理的な業績予想の算定が困難」であるとして、第1四半期の見通しのみ開示。3月1日に上方修正していますが、EBITDAは前年同期の黒字からふたたび赤字になる見込みです。

   ちなみに、クラウド会計ソフトの分野にはフリー(東証マザーズ)という競合があります。2021年6月期の売上高は102億58百万円、調整後営業損益は23億01百万円の赤字、最終赤字は27億56百万円と、マネーフォワードの1期前(2020年11月期)に近い業績水準となっています。

こたつ経営研究会
こたつ経営研究会
有価証券報告書や決算説明書などの公開情報を分析し、会社の内情に思いをめぐらすニューノーマルな引きこもり。昼間は在宅勤務のサラリーマンをしながらデイトレード、夜はネットゲームをしたりこたつ記事を書いたりしている。好きなピアニストはグレン・グールド。嫌いな言葉は「スクープは足で稼げ」。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中