2022年 5月 24日 (火)

実はクズ男?石川啄木の「憂鬱名言」...読むと元気が湧いてくる!【尾藤克之のオススメ】

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
「一度でも我に頭を下げさせし、人みな死ねと、いのりてしこと」(一度でも俺に頭を下げさせた奴ら、みんな死にますように)。

   これは『一握の砂』に収録された石川啄木の一首です。啄木は、夭折の天才歌人として才能に恵まれながらも、世に恵まれず清貧に甘んじたイメージがつきまといます。しかし、実際の啄木には、引いてしまうエピソードが少なくありません。その極めつきが、本書で取り上げている「ローマ字日記」です。どのような内容なのでしょうか。

「文豪たちの憂鬱語録」(豊岡昭彦 編集, 高見澤秀 編集)秀和システム
  • 石川啄木の素顔に迫る一冊(写真は、函館の石川啄木像)
    石川啄木の素顔に迫る一冊(写真は、函館の石川啄木像)
  • 石川啄木の素顔に迫る一冊(写真は、函館の石川啄木像)

ドタキャン、仮病、借金、放蕩三昧...

   啄木は夭折の天才歌人として、坂口安吾や宮沢賢治に影響を与えました。「はたらけど、はたらけどなほ、わがくらし、楽にならざり、ぢっと手を見る」「友がみな、われよりえらく、見ゆる日よ、花を買ひ来て妻としたしむ」「たはむれに、母を背負ひて、そのあまり軽きに泣きて、三歩あゆまず」などの短歌が知られています。

   啄木には「才能に恵まれながらも世に恵まれず清貧に甘んじた」「母思いの愛妻家で懸命に家族を支えた」「著名な友人に囲まれて人望家」というイメージがつきまといます。しかし、実際の啄木を知ると、「クズ男」だったのではないかと疑いたくなるエピソードが少なくないのです。

   「カンニングや成績の悪さから中学を中退」「結婚式をドタキャンして借金」「嫁姑問題を放置して解決は友人に一任」「家族への仕送りを無視して自分は放蕩三昧」「遊女通いにハマって友人知人に借金しまくる」など、あげていけばキリがありません。

   「ローマ字日記」の中では、妻や母、妹や娘への想いが書かれています。しかし、その一方で「浅草に通って、遊女を何人も買ったこと」「家族への送金を渋っていること」「仮病を使って会社を休みまくったこと」「それなのに会社から25円の月給を前借して、しかもその日のうちに放蕩でほとんど使いつくすこと」なども、かなり赤裸々に書かれているのです。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中