2022年 5月 22日 (日)

2年ぶり貿易赤字が意味するもの...円安加速→収支悪化→さらに円下落の「悪循環」、貿易赤字拡大は避けられないのか?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本の貿易赤字の拡大が止まらない。2021年度における、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は5兆3749億円の赤字になった。2年ぶりの赤字で、貿易収支の悪化がさらなる円安を招き、それが円安を加速するという悪循環に陥る気配だ。

  • 2021年度は輸入額、輸出額ともに過去最高を記録(写真はイメージ)
    2021年度は輸入額、輸出額ともに過去最高を記録(写真はイメージ)
  • 2021年度は輸入額、輸出額ともに過去最高を記録(写真はイメージ)

原油高の影響から輸入膨張...前年度比33.3%増

   財務省が2022年4月20日発表した貿易統計速報によると、21年度の輸入は、原油や液化天然ガス(LNG)が大幅に伸び、前年度比33.3%増の91兆2534億円と、比較可能な1979年度以降で最高になった。

   原油が、数量ベースでは4.6%の伸びだったが、金額は97.6%増の8兆155億円に拡大。LNGも、数量は6.4%減ったものの、金額は58.8%増の5兆27億円となった。石炭は金額で約2.1倍になった。

   一方、輸出は、コロナ禍からの経済再開で、鉄鋼が62.7%増の4兆1363億円、自動車が12.8%増の10兆7308億円、半導体製造装置が33.9%増の3兆5606億円など、大きく膨らんだ。輸出全体では23.6%増の85兆8786億円と、これも79年度以降で最高だった。

   同時に発表した22年3月の貿易収支は、4123億円の赤字だった。赤字は8か月連続。半導体などの供給不足の影響が和らぎ、輸出全体は前年同月に比べて14.7%増の8兆4609億円と好調だった。一方、原油高の影響で、輸入は前年同月比31.2%増の8兆8733億円に膨らんだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中