2022年 6月 26日 (日)

「バリバリ働きたいのに!」育休復帰後、職場仕切る後輩に単純作業させられる女性看護師の嘆き でも、月7日の早退・欠勤もあって... 専門家の見方は?(1)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「これからバリバリ働こうと思っていたのに!」。3人の子を持つ30代後半の女性看護師の投稿が炎上気味だ。

   育休を経て介護施設の職場に復帰したら、自分が一から仕事を教えた「後輩」が仕切っていた。「だいぶ利用者さんも変わりましたので...」と、投稿者は単純作業しかできないという。そのうえ、上司からは「楽なポスト」への異動を勧められた。

   この女性の子が病気がちで、月に7日も早退、病欠する理由からだったが、女性は異動を拒否して元の仕事への復帰を望んでいる。

   「自分勝手すぎる。職場の大迷惑」という声が圧倒的だが、育休の遅れを取り戻したいという女性の願いは、許されないのか? 専門家に聞いた。

  • 看護師としてバリバリ働きたいのに(写真はイメージ)
    看護師としてバリバリ働きたいのに(写真はイメージ)
  • 看護師としてバリバリ働きたいのに(写真はイメージ)

「あなたが育休中、後輩は年末年始も頑張ってきた」

   話題になっているのは女性向けサイト「発言小町」(2022年4月27日付)に載った「育休明けの職場復帰」というタイトルの投稿だ。

   投稿者は30代後半、3人の子どもを持つ女性看護師で、ひと月前に育休から勤め先の介護施設に職場復帰した。育休前と同じフロアに戻れたが、後輩との関係で悩んでいるという。その内容を見ていこう。

「後輩は新卒で入ってきて、2年間私が仕事を教えながら面倒を見てきました。仕事をテキパキやってくれるのですが、私が褥瘡処置や経管栄養の業務をしようとすると、『フロアのご利用者さんも大分変わり、処置や業務の流れも変わったので、まずは1日の流れに慣れていただければ』と言い、単純業務しかできない。仕事は記録の入力や事務作業がほとんど。ご利用者さんのご家族の電話や面会でも私を呼ばない」
高齢者への対応は若い後輩が仕切っている(写真はイメージ)
高齢者への対応は若い後輩が仕切っている(写真はイメージ)

   こんな状態で、「やたらと自分で仕切ろうとする」のだ。フロアにいるもう1人の先輩看護師に相談すると、こう言われてショックを受けた。

「あなたが育休中に彼女(後輩)は、休日、年末年始も自分の都合は言わずに出勤して残業もしていた。あなたや子どもさんの心配をしていて、負荷がかからないような仕事からと気を遣っている。私も同じ意見だ」
「まだ、ご利用者さんを把握してないのでご家族の対応は、彼女(後輩)に任せたほうがよい。あなたの子どもさんの体調不良は、仕方がないことだから、欠勤、早退は構わない」

   たしかに投稿者は、1歳の子どもが病気がちで、復帰した月のうち7日間は早退、欠勤していて、「迷惑をかけているのは事実」だった。

「でも、私が育休で迷惑をかけた分、早く仕事を覚えたい、バリバリやりたいと言っているのに納得ができないです。
さらに、看護師長から呼ばれ、『休日出勤は保育園の関係上、難しいだろうから、異動するか、サポート的な単純作業にしばらく専念しないか?』と言われ、断ってしまいました。私は遅れを取り戻したいだけ、他の方に追いつきたいのに」

   こう悩みを訴えるのだった。

   なお、投稿者は早く仕事を覚えたいために、後輩に「連休中にマニュアルを作ってほしい」と依頼したが、先輩看護師が後輩に「作る必要はない」と止めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中