2022年 6月 28日 (火)

2023年卒就活生の内定率早くも6割、進路確定率4割!...5月が勝負時か 急ピッチで囲い込む傾向IT、小売、サービス業で続く

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2023年卒大学生・大学院生の就職活動が本格化している。新型コロナウイルスの拡大が一段落したこともあり、企業側も過去2年間、思うようにできなかった若い人材確保の挽回に懸命だ。

   そんななか、リクルートの就職・採用関連の研究機関「就職みらい研究所」が2022年5月13日、2023年卒大学生・大学院生を対象にした就活状況を調べた「2022年4月1日時点 内定状況」を発表した。

   5月1日時点で早くも内定率は約6割に達し、昨年を上回るハイペースで進んでいる。

  • 内定を取って大喜びをする大学生(写真はイメージ)
    内定を取って大喜びをする大学生(写真はイメージ)
  • 内定を取って大喜びをする大学生(写真はイメージ)

理系が文系よりハイペースで内定獲得

   それによると、就職内定率(大学院生を除く)は58.4%で、同じ時点の昨年(2022年卒対象)の51.3%に比べ、7.1ポイントも上回る早いペースだ=図表1参照。理系が64.1%と、文系の56.1%を8ポイントも上回っている。また、男性(59.6%)のほうが女性(57.2%)よりも内定率がやや高いことが目につく。4月は女性のほうが高かったから、追い込みで逆転したことになる。

(図表1)就職内定率(リクルート就職みらい研究所の作成)
(図表1)就職内定率(リクルート就職みらい研究所の作成)

   内定取得先の業種をみると、情報・通信業が29.2%と、ダントツに高いことが特徴だ=図表2参照。ITスキルを持つ人材は、世界的に奪い合いが激しい。とくに、優秀な学生は早くから海外から誘いの手が伸びるため、IT系企業が積極的に「囲い込み」に動いているからだろうか、選考が早く進むようだ。次いで、小売業(13.6%)、サービス業(13.2%)、製造業(機械器具以外、12.7%)、機械器具製造業(12.3%)と続く。

(図表2)内定取得先企業の業種(リクルート就職みらい研究所の作成)
(図表2)内定取得先企業の業種(リクルート就職みらい研究所の作成)

   内定を取得した企業数をみると、平均1.99社で、1社が48.3%と一番多いが、4社以上が計8.5%もおり、優秀な学生は早くから複数の企業から内定をもらっていることがわかる=図表3参照

(図表3)内定取得企業数(リクルート就職みらい研究所の作成)
(図表3)内定取得企業数(リクルート就職みらい研究所の作成)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中