2022年 6月 28日 (火)

日揮HD株がストップ高の急上昇...前期比2.7倍の今期「受注状況」を好感

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プラント建設大手、日揮ホールディングス(HD)の株価が2022年5月13日の東京株式市場で、制限値幅の上限(ストップ高)となる前日終値比300円(20.5%)高の1765円まで急上昇し、終値も1765円をつけた。

   前日12日に2022年3月期連結決算と併せて発表した2023年3月期の業績予想では営業利益を前期比25.7%増の260億円とし、その根拠となる前期比2.7倍の受注計画を公表したことが好感された。

   ウクライナ情勢を受け、エネルギー安全保障の観点から、世界で液化天然ガス(LNG)プロジェクトなどへの投資が増えることが寄与する。週明け16日はさらに上値を追っており、投資家の反応が良い状況が続いている。

  • 日揮HD株に注目
    日揮HD株に注目
  • 日揮HD株に注目

今期の売上高は前期比40.1%増、6000億円見込む

   それでは、12日の発表内容を確認しておこう。まず2022年3月期連結決算は、売上高が前期比1.3%減の4284億円、営業利益は9.6%減の206億円、最終損益は355億円の赤字(前期は51億円の黒字)だった。

   最終赤字は5年ぶりで、オーストラリアのイクシスLNGプラントの建設をめぐって、特別損失575億円を計上したことが影響した。営業減益にはコロナ禍で過去に受注が低迷したことや、足元の資材価格や輸送費の高騰が響いた。

   2023年3月期の業績予想は売上高が前期比40.1%増の6000億円、営業利益は前述の通り25.7%増の260億円、最終利益は200億円を見込む。

   予想の根拠となる受注計画は8400億円。計画の一部はスケジュールの遅れで前期からずれ込んで計上しているとはいえ、高水準の受注計画を株式市場は歓迎した。年間配当予想を前期比9円増の24円としたことも投資家が注目している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中