2022年 6月 28日 (火)

会話が途切れて気まずい...そんなときの対処法は? 好印象与える「話し方」テクニック!【尾藤克之のオススメ】

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「いいな」「好きだな」と感じる人やモノは、直感的に「なんとなく」選ばれているものです。初対面の人や同僚、知人や友人、家族と話すときにも偶然交わした言葉で好印象を与えられたら、想像していなかったチャンスが訪れるかもしれません。今回は、直感的に早く・強く・心に伝わる話し方のテクニックを紹介します。

「たった一言で印象が劇的に変わる! 話し方ドリル」(神原智己 著)総合法令出版
  • 直感的に早く・強く・心に伝わる話し方とは(写真はイメージ)
    直感的に早く・強く・心に伝わる話し方とは(写真はイメージ)
  • 直感的に早く・強く・心に伝わる話し方とは(写真はイメージ)

会話が途切れた時にはどうする?

   結婚式・同窓会・会食などで会話が途切れて、気まずい思いをすることがあります。このようなとき、「見えているものについて話す」と会話が盛り上がる、と神原さんは言います。

「結婚式や同窓会、会食などで会話が一段落した後、次の話題が見つからず、無言のままだと気まずくなってしまいますよね。それほど親しくない人や、はじめて会う人との会話でよくあることです。気まずいな、と感じた瞬間に、次のテクニックを使った一言で、居心地の良い空気に改善していきましょう」(神原さん)
「それは『見えているものについて話す』テクニックです。その場で目にしたものを、話題にすればいいので、なんの話題を切り出そうか、頭の中で考える『間』や『焦り』がなくなります。会話が途切れたら、次の流れであなたから話し出しましょう」(同)

   そのテクニックは、次の3点です。

(1)周囲を見回し、気になったものの状況や様子、感想を相手に話す。
(2)相手からリアクションをもらう
(3)相手の言葉に共感+質問する

   こうすることで、相手の言葉を受けて、話題を深めたり広めたりしながら、会話を続けることができます。結婚式会場で、歓談の時間に入ったときを例にすれば、次のような流れになります。

〇周囲を見回すと、料理がたくさん並んでいる。デザートのケーキが気になる!
「このケーキ、フルーツがたくさん乗っていておいしそうですね」と感想を伝える
〇相手からリアクション「そうですね」
〇相手の言葉に「ですよね! 食べてみませんか?」と共感+質問をする

   出しかけた相手と一緒にフルーツケーキを食べながら、この後も感想を言い合ったり、料理の話へと広げたり、自然と会話が続くようになります。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中