2023年 6月 1日 (木)

「異端児」トム・クルーズに世界が熱狂! 『トップガン・マーヴェリック』超絶大ヒットを確信する3つの理由(井津川倫子)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   映画界に新たな伝説がうまれそうです。先日公開されたアクション映画『トップガン マーヴェリック(Top Gun: Maverick)』が世界中で大ヒット!

   公開直後の興行収入が好調で、各国で次々と記録を塗り替えています。主演のトム・クルーズにとって、過去最高の滑り出しとなったこの作品。日本でも劇場動員数が「シン・ウルトラマン」を抜いて初登場1位を獲得しましたが、なぜこれほどまでに人々を引きつけているのでしょうか?

   いつもは辛口の海外メディアまでが、「すばらしい!」「過去最高傑作」と手放しで称賛している理由を探ってみました。

  • トム・クルーズ主演『トップガン マーヴェリック』が話題です!(写真はイメージ)
    トム・クルーズ主演『トップガン マーヴェリック』が話題です!(写真はイメージ)
  • トム・クルーズ主演『トップガン マーヴェリック』が話題です!(写真はイメージ)

トム・クルーズ、「異端児」から「映画界の救世主」に!

   『トップガン マーヴェリック』は、1986年に公開された『トップガン』の続編で、前作同様、トム・クルーズが主人公ピート・ ミッチェル(通称Maverick:マーヴェリック)を演じています。

   新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2年遅れの公開となった本作ですが、公開前から評論家たちの評判は上々。ふたを開けてみたら記録を塗り替える大ヒットになったと、各国メディアが伝えています。

'Top Gun: Maverick' jets to new box office record
(『トップガン マーヴェリック』が新たな興行収入記録を噴射:米CNN)

'Top Gun: Maverick' wins Tom Crouse first $100 million opening
(『トップガン マーヴェリック』はトム・クルーズ初の公開初週末1億ドル超えとなった)

   世界同時公開となったこの作品。米国や日本だけでなく、欧州や南米など32の地域でトム・クルーズ史上No.1のオープニング記録を打ち立てるなど、記録ずくめのスタートになっています。

   これまでも話題になった映画はたくさんありましたが、驚くのはメディアの「好評価ぶり」です。プレミア上映時から「すばらしい作品!」「評論家も絶賛」など、とにかくポジティブワードが全開で、「Tom Cruise is back !」(トム・クルーズが戻ってきた!)と、興奮ムードが漂っていました。

   本作が好感されている一つ目の理由は、「映画館の復活」です。私も実際に映画館に足を運びましたが、ダイナミックで迫力満点の航空アクションを味わうには、劇場の大型スクリーンが最適!

   コロナ禍で多くの作品が配信サービスに切り替えられたなか、「劇場上映」にこだわって2年間待ち続けた制作会社の戦略が功を奏して、映画館に出足が戻っていると報じられています。映画業界が活気づいただけでなく、久しぶりに「映画を満喫した!」と開放感を味わえることも、ヒットの要因だと思われます。

   ちなみに、タイトルにもなっている「Maverick」「異端児」という意味。「一匹オオカミ」のような人のことですが、本作の大ヒットでトム・クルーズが「異端児」から「映画界の救世主」になったことは間違いなさそうです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中