2022年 8月 18日 (木)

肩が痛い、腰痛持ちのあなたに...通勤時間の「1cmジャンプ」でスッキリ軽やかに【尾藤克之のオススメ】

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   いま、コロナ禍の影響もあり、体の不調をうったえる人が増えています。頭痛、肩、腰など、場所は異なりますがすべては「姿勢の悪さ」からきているのです。本書では、1回3分、「おさんぽ」に取り入れるだけで、スッキリ軽やかになるメソッドが紹介されています。

「歩くだけで効く! おさんぽ整体 肩こり・腰痛・不調に効く最強テク!」(小林篤史著)三笠書房

簡単そうに見えて、けっこうできない?「1cmジャンプ」

   本書が興味深いのは、「おさんぽ」に、整体、肩こり、腰痛に効くテクニックを盛り込んだ点です。そのため、朝の出勤時や、朝散歩の際に取り入れるだけで大丈夫。難しいテクニックではないので、やる気をそがれることもありません。

   筆者である私も、腰痛持ちです。若いころと違い、深夜まで頑張った翌日には、腰の張りとともに痛みが強くなります。近所の整骨院でマッサージを受けてかなりラクになりますが、翌日には元通り。マッサージで一時的にラクになっても、また痛みがぶり返してしまうのです。お風呂に浸かって揉んでも、あまり効果がありません。どうにかならないものかと考えていました。

「歩行の際、足の指が開いた形で着地し指で地面をしっかりつかむ『1cmジャンプ』がおススメです。簡単そうに見えて、多くの人はこれができません。骨盤がまっすぐ立っていないことに加えて、1日のうちの長い時間、靴をはいている影響も大きいでしょう(女性の場合は、ヒール靴の影響大)」(小林さん)
「結果として靴の中で足の指同士がくっついた状態となり、足指が変形していきます(外反母趾や内反小趾、浮き指など)。ジャンプを繰り返すことで、足の指を開いて地面をつかむ感覚を取り戻しましょう。ジャンプ自体が足腰や運動機能の強化に役立ちます。着地の衝撃によって、背骨や脳にも刺激が与えられます」(同)

   継続することで、足の指先まで血行がよくなり、全身の血液循環が改善していきます。血液循環の改善は、冷え性の予防・改善にもつながります。さらに、足腰がしっかりし、足指で地面をつかまえられるようになると体が安定し転びにくくなると、小林さんは言います。「1cmジャンプ」は通勤時間での実践に効果がありそうです。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中