経団連企業「夏のボーナス平均93万円、昨年より14%増!」うらやましい?当然? 早くも冬のボーナス心配の声も

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「夏のボーナス93万円、昨年より14%アップ!」と聞けば、誰でも「いいなあ。うらやましい」と思うに違いない。

   日本を代表する大手企業が加盟する日本経済団体連合会(経団連)が2022年6月21日に発表した「夏季賞与・一時金」の妥結状況の速報だ。大企業は着々と景気回復の道を歩んでいるようだ。

   しかし、それでもコロナ禍以前の額より低いという。それでは中小企業を始め、働く人の多くのボーナスはどうなるのか。ネットの声から探ると――。

  • 日本経済団体連合会の本部のある経団連会館
    日本経済団体連合会の本部のある経団連会館
  • 日本経済団体連合会の本部のある経団連会館

平均支給額多いのは建設業127万円、鉄鋼102万円

   日本経済団体連合会(経団連)が6月21日に発表した「大手企業の2022年夏季賞与(ボーナス)の1次集計結果」は、原則として従業員500人以上の会員企業で、主要21業種の大手企業253社を対象にしたもの。

   そのうち妥結を把握した16業種105社の平均妥結額は92万9259円で、昨年(2021年)夏と比べ13.8%増えた。アップ率は現在の方法で集計を始めた1981年以降で最大だった=図表1参照。

(図表1)大手企業の夏のボーナス妥結状況(経団連公式サイトより)
(図表1)大手企業の夏のボーナス妥結状況(経団連公式サイトより)

   ただし、昨年比での大幅増といっても、昨年は前年(2020年)に比べ7%超の大幅下落だったから、やっとコロナ禍以前に戻りつつあるといったところだ。コロナ禍前の2019年の同時期に比べると、平均4万2500円少ない額となった。経団連は「業績の回復を反映したもの」とのコメントを発表している。

   業種別で増加率がダントツに大きいのは、鉄鋼の88.13%で妥結額の平均は101万9071円。次いで、自動車が17.23%で93万3744円、非鉄・金属が17.11%で89万7498円と続いている。いずれも輸出産業で、円安の恩恵を得ているとみられる。

   一方、昨年と比べて減ったのは、建設(マイナス1.14%)が127万1661円、紙・パルプ(マイナス0.87%)が69万2242円となった。こちらは原材料の多くを輸入に頼っているため、円安が響いた形だ。

   もっとも、平均支給額でみると、最高額は建設業の127万1661円。次いで、鉄鋼の101万9071円、電機の96万6053円と続いた。

姉妹サイト