「中古スマホ」ブームの光と陰!? ネットオークション、フリマアプリの「個人売買」にはリスクが...

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   最近、中古スマートフォンの人気がうなぎのぼりだ。新機能搭載のハイスペックスマホが次々と登場、型落ちでも十分使える安くなった中古が狙い目、という面も大きい。

   そんななか、モバイル市場専門の調査会社「MMD研究所」が中古スマホの関する調査を相次いで発表した。「中古スマホの現状と課題」(2022年6月20日付)と、「2022年中古スマホに関する調査」(5月19日付)の2つだ。

   中古スマホの魅力を紹介しつつ、その危険性も同時に警告している。

  • 好きなスマホを中古で買えてよかった!(写真はイメージ)
    好きなスマホを中古で買えてよかった!(写真はイメージ)
  • 好きなスマホを中古で買えてよかった!(写真はイメージ)

中古スマホがブームになった3つの理由

   中古スマートフォン人気の背景として、MMD研究所は次の3つの理由を挙げている。

(1)近年、スマホの機能・性能が成熟し、ハイスペック端末の価格が高騰しているため、機能としては十分使える、新品でも型落ちのモデルの人気が高まっている。たとえば、昨年(2021年)9月、「iPhone13シリーズ」が登場すると、「iPhone12シリーズ」の価格が数段安くなり、話題になった。
(2)2019年、改正電気事業法が施行され、携帯電話の通信料金とスマホの端末代金の分離が義務化された。「端末購入を条件に、通信料金を値引きすること」と「一定期間の契約を条件に、端末代金を割引すること」が禁止され、端末の大幅な価格値引きが抑えられてしまった。
(3)昨年(2021年)10月から、端末にICカードをはめ込み、他の携帯電話会社の回線を使えなくする「SIMロック」が原則禁止になった。これによって、いろいろなキャリアを自由に使えるようになり、中古スマホの買い取り・販売がスムーズになった。

   こうして、中古スマホ市場が活発化する一方、それまで中古市場への参入を控えていたNTTドコモが今年4月、認定リユース端末(中古スマホ)の取り扱いを始めた。そのため、大手キャリアの揃い踏みとなり、中古スマホ市場が一気に拡大した。

姉妹サイト