2024年 2月 23日 (金)

「柿の種」亀田製菓株、年初来高値を5日連続更新...競合の生産停止で需要増

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「柿の種」などで知られる米菓最大手、亀田製菓の株価が2022年6月23日の東京株式市場で一時、前日終値比40円(0.8%)高の4765円まで上昇し、5営業日連続で年初来高値を更新した。

   競合の三幸製菓が2月の工場火災を受けて全3工場の生産停止が長引いたことなどから、短期的には代替需要による収益拡大があるとの思惑から、投資家の買いを集めている。

   6月14日に就任したインド出身の経営トップによる経営改革への期待や、6月14日配信の野村証券のリポートが投資判断を格上げしたしたことも後押ししている。

  • 亀田製菓株に注目
    亀田製菓株に注目
  • 亀田製菓株に注目

スーパーなど店頭で「米菓」の品薄続く

   亀田製菓は新潟市に本社を置き、名産地新潟の米を活用した米菓を展開する。国内米菓市場での売り上げは亀田製菓が首位。ライバルで、同じく新潟市に本社を置く三幸製菓が2位だ。

   火災が起きて6人が死亡した三幸製菓の荒川工場(新潟県村上市)は全3工場(いずれも新潟県内)のうち最大で、主力商品「雪の宿」などを生産する。当初全3工場は3か月生産停止としていたが、地元消防との調整の遅れなどから再開が遅れ、荒川工場以外の2工場は6月27日にようやく再開した。荒川工場については、再開のメドは立っていない。

   ひるがえって、三幸の火事を受け、亀田製菓など製菓各社は春先から増産に動いている。だが、スーパーなどの店頭で米菓の品薄は、なお解消されていない模様だ。そのため、亀田製菓は当面、三幸製菓の代替需要を取り込めるとみられている。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中