2022年 10月 3日 (月)

時短勤務の人が出張したい、と立候補 「出張する余裕あるなら普段の仕事も...」上司発言は正論か「差別」かどうかで大激論...専門家に聞いた(3)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

「感情論では、みんなの頑張りが虚しいものに変わる」

――職場で感情をむき出しにするな、ということでしょうか。ズバリ、川上さんなら、時短勤務の女性や同僚たちにどうアドバイスをしますか。

川上さん「時短勤務の女性にも、これまでの社内での扱いなど、感情的になってしまう何らかの事情があったのかもしれません。しかし、投稿内容を見る限り、同僚の感情に対する配慮が欠けていると感じます。出張に手を挙げた際も、観光目的と思われている時点で、日ごろの仕事ぶりなどから信頼が得られていなかったのではないでしょうか。まずは日々の仕事を通して、同僚の信頼を獲得することが、職場の一員として求められる取り組みなのだと思います。
一方、投稿者さんや他の同僚の方々の気持ちはとても分かる気がします。しかし、感情が先に立つと冷静さを欠いてしまい、何が職場で最適な対応なのか、改善すべきことは何なのかが見えづらくなってしまいます。本当に適任者なのであれば、時短勤務の女性が出張対応したほうがよい場合もあるはずです。
職場とは、仕事する人たちが集う場所です。みなさん職場でさまざまな努力をし、歯を食いしばって日々頑張っているはずです。それが、成果とは無関係な感情論に振り回されてしまうことで、みなさんの頑張りが虚しいものに変わってしまうとしたら、とても残念なことなのではないでしょうか」

(福田和郎)

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中