2023年 2月 5日 (日)

ゲームチェンジャーとなるか?! 日産と三菱自の軽EV、出足好調...なぜこれほど人気? 価格、使い勝手はどうか?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日産自動車の軽の電気自動車(EV)「サクラ」の受注が、2022年5月20日の発表から約3週間で1万1000台を突破した。日産はサクラの月間販売目標を明らかにしていないが、EVで1万1000台超の受注は前例のない大ヒットといえる。

  • 日産自動車の軽EV「サクラ」(プレスリリースから)
    日産自動車の軽EV「サクラ」(プレスリリースから)
  • 日産自動車の軽EV「サクラ」(プレスリリースから)

セカンドカーとしての購入意向強い

   日産が「軽のゲームチェンジャー」を目指すサクラは6月16日に販売を開始したが、事前の先行受注は同13日までに1万1429台となった。

   日産とともに新型軽EVを共同開発した三菱自動車工業も、姉妹車の「eKクロスEV」を16日に発売。三菱自によると、5月20日の発表から同じく約3週間の受注が約3400台(6月12日時点)となり、月販売目標850台の4倍になった。

   日産はサクラについて「2台目以降の複数所有車の方、以前からEVに興味をお持ちの方の代替えが多い」とコメント。三菱自もeKクロスEVについて「家族で複数のクルマを所有しているお客様を中心に注文をいただいている」としており、セカンドカーとして新型の軽EVを購入する傾向が強いことがわかった。

   購入する年齢層は、日産サクラの場合、60代が26%で最も多く、50代が24%、70代以上が21%と続くなど、シニア層が多かった。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中