2024年 3月 1日 (金)

2025年以降、「高齢者のフリーランス」も増えるのか?!

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日本には現在、341万人から390万人ほどのフリーランスがいると言われている。なにをするのも「自己責任」と言われるフリーランス。「どうやって生きていけばいいの?」と悩む新人フリーランスに先輩フリーランスら16人がアドバイスしたのが、本書「フリーランスの進路相談室」(KADOKAWA)である。

「フリーランスの進路相談室」(Workship MAGAZINE監修・協力)KADOKAWA

   監修にあたったWorkship MAGAZINE(ワークシップマガジン)は、日本最大級のフリーランス向けウェブメディア。エンジニア、デザイナー、マーケター、ライターなど、デジタル系専門職のフリーランスに役立つ情報を提供している。本書も連載に加筆修正したものだ。

「新しいチャレンジ」フリーアナウンサー・登坂淳一さんの場合

   最初に登場するのは元NHKアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーの登坂淳一さん。登坂さんは1997年にNHKに入局。「おはよう日本」などを担当し、「麿」の愛称で親しまれていた。2018年に退局し、現在はバラエティー番組への出演やYouTubeでの発信など、活躍の場を広げている。

   登坂さんがフリーになったのは、妹の死をきっかけに、自分の人生についても考えるようになり、「後悔なく生きるために、新しいチャレンジをしたい」と考えたからだという。そのタイミングで、いま所属している事務所から声をかけてもらえた。

   フリーになりバラエティー番組に出るようになったが、ニュース番組とは作法がまったく違うので、どうしたらいいかわからないことはたくさんあるが、「新しいことにチャレンジしている証拠」と前向きに考えているという。

   その一方で、新しい挑戦をするには、「それまで持っていたものを手放す覚悟が必要」と冷静に割り切っている。NHKの看板の恩恵は大きかったが、自分の固有名詞で可能性を広げていく現在の日々に満足しているようだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中