2022年 12月 3日 (土)

急激な「円高」逆戻り!...日本経済に吉か凶か? 大打撃を受ける投資家も...エコノミストも賛否両論「FRB次第」「再び円安」「逆風だ」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2022年3月以来、急速に進んでいた円安が、ここにきて一転、急激な円高に転じている。

   7月22日の東京外国為替市場で1ドル139円96銭と140円台に迫る勢いだったのが、8月2日には一時130円割れ寸前までいった。

   円安加速に苦しんでいた日本経済に与える影響はプラスか、マイナスか。エコノミストの分析を読み解くと――。

  • ニューヨーク証券取引所
    ニューヨーク証券取引所
  • ニューヨーク証券取引所

円安見込んだFX取引...大損失を受けた個人投資家も

   急な円高が、日本の個人投資家に思わぬ打撃を与えている。

   朝日新聞(2022年8月5日付)「円安で急増のFX落とし穴 6月の取引額最大⇒急な円高で大きな損失も」によると、少ない元手で多額の外貨取引ができる外国為替証拠金取引(FX)で、大きな損失が出た投資家も出ている模様だという。

   3月以降、日本ではFX取引が急激に増えた。円安が急速に進んだからだ。7月中旬までに1ドル=139円台にまで下がり、約25円も円安ドル高が進んだため、この流れに乗ろうと6月の店頭取引額は過去最大を更新した。

日本経済のゆくえはどうなる(写真はイメージ)
日本経済のゆくえはどうなる(写真はイメージ)

   ところが、8月2日には一時、1ドル=130円台にまで円高に振れた。ようするに、円高になると予想して1ドル=135円でドルを買い、1ドル=140円になった時にドルを売って差益を稼ごうともくろんでいた人は、大きな損失をこうむるというわけだ。

   ネット上では「2か月分の利益が飛んだ」などと、円安を見込んで円売りドル買いをしていた投資家から悲鳴を上がっている、と朝日新聞は報じている。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中