2022年 9月 29日 (木)

ペロシ氏の台湾訪問で米中緊迫 地政学リスク高まり、相場の方向感定まらず(8月8日~12日)【株と為替 今週のねらい目】

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ペロシ米下院議長が台湾を訪問したことで、米中間に一気に緊張感が高まった。地政学リスクが高まり、外国為替相場で米ドルは、一時1ドル=130円台半ばまで売られた。ただ、米国の金融政策はインフレと景気減速への懸念が交錯する状況。一定のレンジ(価格の範囲)の中で上昇と下落を繰り返して、相場の方向性は定まらない。

   米ドルが再び高値を目指す動きになることも考えられ、2022年8月10日発表の米国の7月の消費者物価指数(CPI)などには要注意。

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 台湾問題をめぐり、米中に緊張高まる
    台湾問題をめぐり、米中に緊張高まる
  • 台湾問題をめぐり、米中に緊張高まる

東京株式市場 個別株物色の動き強まる

日経平均株価予想レンジ:2万7700円~2万8500円

2022年8月5日(金) 終値 2万8175円87銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、高値もみ合いか。

   前週の東京株式市場の日経平均株価は、反発。米国のハイテク関連企業の好決算もあり、国内のハイテク株が相場をけん引し、2万8000円台を回復した。

   今週の日経平均株価は、高値もみ合いとなりそうだ。前週末の米国の7月の雇用統計が市場予想を上回ったことで、米国の長期金利も上昇し、米国のインフレ懸念が強まった。

   ただ、米国の景気減速に対する懸念は引き続き強く、米国の金融政策はインフレ懸念と景気減速の「綱引き」状態になっている。10日発表の米国の7月の消費者物価指数の結果が注目される。

   国内では、企業の決算発表が増えて、より個別株物色の動きが強まるだろう。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中