知られざる「自給自足」生活...からだに大事な「塩」だって手作り!【尾藤克之のオススメ】

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   青森県某所に、自給自足で暮らす家族がいます。家は廃材で建て、野菜類は畑で栽培! ガス、水道、電気の契約もなし! お金はほとんど使わない! にわかには信じられない生活ではないでしょうか。話題の「自給自足家族」の著書を紹介します。

「都会を出て田舎で0円生活はじめました」(田村余一 著、田村ゆに 著)サンクチュアリ出版

海水から塩をつくる!

   人間の生命や健康を維持していくのはとても大事なこと。それが損なわれてしまうと、大変です。私たちの体は、食べた物でつくられています。体によいものを食べていれば健康になるし、逆に、悪い物を食べていれば不健康になるでしょう。とくに、現代人はミネラル不足だと言われ、サプリメントで補う人も少なくありません。

   ミネラルはこの地球上の土や水、空気に含まれている微量の金属元素やハロゲン元素のことで、人間の生命活動を支えてくれるもの。もともと、自然の中に豊富に含まれているものです。現代、人間の生活環境は便利さを追求したあまり、自然をけっこうなレベルで「排除」しています。そのため、自ずとミネラル欠乏に陥ってしまいます。

「我が家はなるべく自然のものを生活に取り入れて生活するようにしていて、主たる食べ物を作り出してくれる家庭菜園も自然有機栽培。土の状態を自然に近いものにしている。いちいち土壌を調べることはしないけど、僕ら家族もニワトリたちも毎日元気に生きている。とっても大事なミネラル。なんと! 海水にはすべて含まれている」(田村さん)
「つまり、地球上の元素が全部入っているってこと。これってスゴくない? まさに母なる海だ。これをゲットしない手は無いぜってことで、我が家はわざわざ車で30分以上かけて太平洋までお出かけして海水を汲んでくる。ゴミの漂着や生活排水の影響が極力無さそうな、キレイな海藻類がゆらゆらしている磯の海水だ」(同)

   田村さんは、その海水を自宅まで持ち帰り、あとは昔ながらの製法でひたすら加熱して水分を蒸発させ塩を取り出します。100リットルの海水から採取できる塩はおよそ3キロ。ニガリを取り除き、結晶化してきた純白の塩を取り出しています。取り出すときの喜びはまさに「ヒトシオ」です。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
姉妹サイト