2024年 3月 5日 (火)

横浜ゴム株、連日の年初来高値...穀物高による「農機用タイヤ」好調 背景に、穀物価格上昇で「商機」...農機への投資増

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

業績予想の上方修正に「保守的な印象」...投資家はさらなる期待

   株価は決算発表翌営業日の8月12日に一時、前営業日終値比160円(7.6%)高の2256円をつけて年初来高値を更新した後、16日から5営業日連続で年初来高値を更新した。

   横浜ゴムは決算発表と同時に、2022年12月期通期の業績予想の見通しを上方修正した。

   売上収益は従来予想比1050億円増えて8550億円(前期比27.5%増)、事業利益は従来予想比25億円プラスの625億円(0.5%増)、最終利益は従来予想比20億円プラスの420億円(35.9%減)となった。

   ただ、むしろ市場からは「下期以降も堅調な需要を見込んでいることを考慮すると、保守的な印象」(野村証券)との指摘も出ている。

   原材料費高、ガソリン高という逆風はあるものの、中国の新車需要回復などを踏まえれば、さらなる上方修正の可能性があり、投資家もそのあたりに期待しているようだ。(ジャーナリスト 済田経夫)

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中