2024年 3月 3日 (日)

「相場は明日もある」 武田薬品株はゆっくり、じっくりが勝利の近道!?【格言で買う株式投資】(石井治彦)

   「相場は明日もある」という相場格言がある。

   日本証券業協会の相場格言集は、

「材料が出たら、できるだけよく調べてから買っても決して遅くない。それが翌日だろうと何日後であろうともだ。材料が本物であって、実際に株価が上がるなら、1日ぐらいの遅れは大勢に影響ないではないか。『相場は明日もある』とは、焦りを戒め、機会をじっくり待つことを教えた格言である」

と説明している。

   ゆっくり、じっくり......。武田薬品工業は、そんな投資格言にぴったりな銘柄だと思っている。

  • 武田製薬株はゆっくり、じっくり……(写真はイメージ)
    武田製薬株はゆっくり、じっくり……(写真はイメージ)
  • 武田製薬株はゆっくり、じっくり……(写真はイメージ)

思うように上がらない株価......

   武田薬品工業の株式を初めて買ったのは2018年10月11日。1株あたり4440円で100株を取得してから、間もなく4年になる。この時は同年1月の高値、6693円から34%下落しており、それ以降のナンピン買いを前提に考え、「この価格なら」と取得した。

   その後、同年12月25日に3650円で100株。翌19年7月2日に3850円で100株。20年3月13日に3075円で100株を取得と、予定どおりナンピン買いを進めた結果、この8月31日現在、400株を保有。平均取得単価は3786円50銭まで下げることができた。

   ところが、2019年1月にシャイアー社(アイルランドの製薬・バイオテクノロジー会社)の6兆円にもおよぶ巨額買収は、武田薬品工業の財務状況を悪化させ、株価は低迷することとなった。ナンピン買いはうまくいったと思っているが、株価がなかなか上がる兆しを見せないことに、ちょっとばかり弱気の虫が騒ぎはじめていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中