2024年 2月 26日 (月)

経常収支、季節調整値で8年4か月ぶり赤字 稼ぐ力ない日本...危機的な円安が起こる可能性は?(鷲尾香一)

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「国の儲け」が減ってきている

   一方、経常収支も2020年1月以降、原数値では2020年4月179億円、6月595億円、2021年12月2675億円、2022年1月1兆1257億円、6月1324億円と5回赤字に転落している。だが、季節調整値では、この7月が初めての赤字転落だ=表2

   経常収支は貿易・サービス収支、第一次所得収支、第二次所得収支の合計で、「国の儲け」を表す。

   経常収支の中で大きな比率を占めるのは、貿易収支と第一次所得収支で、貿易収支は輸出入の収支、第一次所得収支は海外への投資や運用により生じる利子・配当金等の収支となる。

   貿易・サービス収支が赤字、特に原数値では2021年7月、季節調整値では6月から恒常的な赤字に陥っても、経常収支が黒字を継続してきたのは、貿易収支の赤字を主に第一次所得収支がカバーしてきたからだ。

   ところが、ここに来て、経常収支が急激に悪化し始めている。

   2022年6月には原数値で、7月には季節調整値で赤字に転落した。貿易・サービス収支の赤字を第一次所得収支などでカバーすることが難しくなってきているのだ。

   新型コロナ感染拡大後の2020年1月からの動きを見ると、原数値は大きく変動しているが、季節調整値も貿易・サービス収支ほどではないが、確実に低下していることがわかる。つまり、「国の儲け」が減ってきているのだ。

   筆者は経常収支の動き、特に赤字の影響に注意を払っている。

   その理由は、日本が対GDP(国内総生産)比で、主要国では最悪の政府債務を抱えても、財政破綻やデフォルトの危機に陥らない理由の一つとして、経常収支黒字国であることがあげられる。

   経常収支が黒字ということは、日本は海外への投資や運用により、対外債権を潤沢に持っており、「稼ぐ力がある」ということだ。この稼ぐ力があることが、日本の財政、円に対する信認につながっている。

   だが、経常収支が赤字となれば、「日本は稼ぐ力がない」となり、財政や円に対する評価が低下し、さらなる円安が加速する恐れがある。それも、日米の金利差で起こる程度の円安ではなく、危機的な円安が起こる可能性を内包している。

   現在の円安進行、原油高・資源高による物価高に対しても、何らの打開策を持たない政府と日銀が、経常収支の赤字が恒常化した時に有効な対応策を持っているとは到底思えない。

   政府は早急に経済対策を実施し、景気の回復と貿易・サービス収支の改善による経常収支の回復を進めていく必要がある。

鷲尾香一(わしお・きょういち)
鷲尾香一(わしお・こういち)
経済ジャーナリスト
元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで、さまざまな分野で取材。執筆活動を行っている。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中