2024年 3月 4日 (月)

「Goodfind」「FastGrow」運営するスローガン社員の平均給与はいくら? 気になる業績推移や平均勤続年数もチェック!

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   上場企業の財務諸表から社員の給与情報などをさぐる「のぞき見! となりの会社」。今回取り上げるのは、スタートアップ・ベンチャー企業をはじめとする「新産業領域」への人材供給事業を展開する、株式会社スローガンです。

   スローガンは、元日本IBMの伊藤豊氏(現代表取締役社長)が2005年に設立。2016年に元DeNAの仁平理斗氏(現取締役執行役員COO)を迎え、2021年11月に東証マザーズ(現グロース)市場に上場を果たしています。運営するベンチャー就活プラットフォーム「Goodfind」やスタートアップビジネスメディア「FastGrow」などの名前を通じて、存在を知っている人も多いのではないでしょうか。

  • 今回は「株式会社スローガン」に注目(写真はイメージ)
    今回は「株式会社スローガン」に注目(写真はイメージ)
  • 今回は「株式会社スローガン」に注目(写真はイメージ)

2023年2月期予想は第2四半期決算で下方修正

   それではまず、スローガンの近年の業績の推移を見てみましょう。

   上場時のインタビューでは「2015年度以降の年平均売上高成長率は約20%」と説明されていましたが、コロナ禍の影響を受け、スローガンの売上高はここ数期横ばいとなっています。ただし利益は、2021年2月期に大きく落ち込んだものの、2022年2月には急回復。営業利益率は18.2%と大きく改善しています。

   2023年2月期の業績予想は、2022年2月期の決算短信発表時には、売上高が前期比25.0%増の17億7300万円、営業利益が同37.1%増の3億5400万円(営業利益率20%)、最終利益が同14.5%増の2億3700万円と、過去最高を記録する見込みでした。

   ところが、2023年2月期第2四半期の決算短信発表時には、売上高が前期比9.5%増の15億5200万円、営業利益は同0.5%増の2億6000万円(営業利益率16.7%)へと下方修正。最終利益は前期比19.6%減の1億6700万円と、減益になると見込まれています。

こたつ経営研究会
こたつ経営研究会
有価証券報告書や決算説明書などの公開情報を分析し、会社の内情に思いをめぐらすニューノーマルな引きこもり。昼間は在宅勤務のサラリーマンをしながらデイトレード、夜はネットゲームをしたりこたつ記事を書いたりしている。好きなピアニストはグレン・グールド。嫌いな言葉は「スクープは足で稼げ」。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中