2024年 3月 3日 (日)

マツダとホンダ、11月にファンイベント開催...楽しみすぎる見どころは? モータースポーツ通じて「クルマ」の魅力伝える

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   マツダとホンダが2022年11月、メーカー主催の大規模なファンイベントをそれぞれ開く。いずれもサーキットを会場にモータースポーツを通じ、クルマの楽しさを伝えるコンテンツが満載。とりわけマツダはユーザー参加型の耐久レースなどがあり、ファンには見逃せない内容となっている。

  • 「MAZDA FAN FESTA 2022 IN OKAYAMA」(マツダのウェブサイトより)
    「MAZDA FAN FESTA 2022 IN OKAYAMA」(マツダのウェブサイトより)
  • 「MAZDA FAN FESTA 2022 IN OKAYAMA」(マツダのウェブサイトより)

マツダ、ナンバー付き自分のクルマで参加できるレース企画!

   マツダは22年11月5、6日、岡山県の「岡山国際サーキット」で「MAZDA FAN FESTA 2022 IN OKAYAMA(マツダファンフェスタ2022イン岡山)」を開く。

   注目すべきは、マツダユーザーがナンバー付きの自分のクルマで参加できる耐久レースをはじめ、子供から大人まで家族で楽しめるイベントがあることだろう。

   耐久レースは「2時間半、給油なしでいかに長い距離を走れるか」を競うもので、マツダのクルマであれば、ノーマルカーでもチューニングカーでも参加できる。

   「マツダファン・エンデュランス」(通称「マツ耐」)と呼ばれるこのレースは、全国のサーキットで年間6戦行っているが、第5戦の岡山ラウンドをファンフェスタと合わせて行う。

   マツダによると、「速さだけでなく、燃費やクルマ、ドライバーのコンディションを意識して戦うのが耐久レース。速くても燃料を使いすぎるとガス欠でゴールできず、速いクルマ、ドライバーが有利とは限らない」のがレースの醍醐味だ。

   この耐久レースは1人で参加することも可能だが、4人のドライバーが交替しながら、2時間30分を戦うことができる。「仲間と作戦を考えてワイワイ参加するのも、楽しみのひとつ」という。

   このほか、ロードスターのワンメイクレースのスタート位置に小学生が立ち、ボードを掲げて選手たちを誘導する「レースサポーター体験」や、参戦車両の助手席に小学生が乗ってパレードを行うパレードランもある。

   残念ながら、マツダファンイベントのマツ耐やレースサポーター体験などは10月16日に参加申し込みが締め切られている。

   しかし、「グランツーリスモ」でタイムを競う「eスポーツ体験」や、2~6歳の子供が「ストライダー(ペダルのない自転車のような幼児用の乗り物)」でタイムを競うタイムトライアルなど、当日受付のイベントもある。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中