2024年 2月 24日 (土)

政府・日銀「夜討ち朝駆け」為替介入、金融市場パニック!? NYで「深夜」、東京で「あさイチ」...エコノミストが鑑定、「伝家の宝刀」切れ味は?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で関東の武士たちは、「夜討ち朝駆け」の抗争を繰り広げたものだが......。

   急速に進行する円安退治のために、円買いドル売りの為替介入という「伝家の宝刀」を引き抜いた政府・日本銀行の「夜討ち朝駆け」が金融市場をおののかせている。

   2022年10月21日夜(日本時間)にニューヨークで行った「深夜介入」と、10月24日朝(同)に東京で行った「あさイチ介入」のことだ。いったい、切れ味はどうなのか。エコノミストの分析を読み解くと――。

  • 「夜討ち朝駆け」での「覆面介入」はあった?(霞が関の財務省庁舎)
    「夜討ち朝駆け」での「覆面介入」はあった?(霞が関の財務省庁舎)
  • 「夜討ち朝駆け」での「覆面介入」はあった?(霞が関の財務省庁舎)

NYでは「7円」、東京で「5円」の効果が...

   円相場は週明けの10月24日、東京外国為替市場で乱高下を繰り返した。先週の円相場の取引終値は1ドル=147円79銭前後だった。24日午前の売買では149円70銭前後からスタートした。ところが、そこから、一時5円ほど円安方向に振れたのだ。

   市場関係者が「異変」に気づいたのは、市場が開いた直後の午前8時30分すぎのこと。1ドル=149円60銭台で150円に近づいた直後、数分の間に145円台まで一気に5円近く円高方向に進んだ。

「強すぎるドル」に各国から不満の声が相次ぐ(写真はイメージ)
「強すぎるドル」に各国から不満の声が相次ぐ(写真はイメージ)

   先週末の10月21日、鈴木俊一財務大臣は、為替介入について、やったか、やらなかったかは「コメントしません」としながらも、政府・日本銀行はニューヨーク市場で為替介入を行った可能性が高い。151円台半ばで下落した円相場が急騰し、一時144円50銭前後まで円高・ドル安が進んだからだ。同日の安値(151円94銭)からは7円ほど円高方向に戻した。

   これは日本時間では午後11時過ぎだったため、市場関係者の間では「深夜介入」と言われた。そして今回、鈴木俊一財務大臣は改めて10月24日午前の記者会見では、「市場を通じて投機筋と厳しく対峙している状況なので、コメントしません」と述べ、介入したかどうかは言及しなかった。

   しかし、市場関係者は政府・日本銀行が「覆面介入」を行なった可能性が高いとみており、さしずめ「あさイチ介入」である。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中