2024年 3月 3日 (日)

お歳暮商戦早くも本格化...円安・値上げラッシュ影響で「生活必需品」強化、「ウィズコロナ」楽しむアイテム充実

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   百貨店の2022年お歳暮商戦が早くも本格化している。

   急速に進む円安やロシアによるウクライナ侵攻の影響などで値上げラッシュが激しいなか、調味料など生活必需品のラインアップを充実させる店が多い。

   また、新型コロナウイルスと共生する「ウィズコロナ」の生活に移行しつつあると見て、家族や友人が集まって楽しむアイテムを充実化させる動きも目立つ。

  • お歳暮商戦、早くも始まる(写真はイメージ)
    お歳暮商戦、早くも始まる(写真はイメージ)
  • お歳暮商戦、早くも始まる(写真はイメージ)

大丸松坂屋「しょうゆ、ビール、コーヒーなど販売強化」、松屋「お値段すえ置き」アピール

   J・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店はすでに、10月初旬からインターネット受注を開始し、店頭での注文も11月1日から受け付ける。

   同社によると、22年夏のお中元商戦では、コーヒーなど日ごろから食卓で使う実用的な食品が好調だったという。春以降、食品をはじめとした値上がりが続いたことが要因だとして、「お歳暮商戦でも引き続き、生活必需品の需要が拡大するだろう」と予測。しょうゆなどの調味料やビール、コーヒーなど身近な食品の販売を強化する。

   松屋は「お値段すえ置き」とうたい、夏と比べて価格を変えないことをPRした実用品をそろえた。

   フランス産バターやオイルの詰め合わせなど品目は多く、「今、贈るなら実用品ギフトがお薦め」と呼びかける。同社は食用油などが2022年の売れ筋の上位に入るのではないか、とも予想している。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中