2024年 3月 4日 (月)

米メディアが一夜で手のひら返し! 米中間選挙「トランプ氏一人負け」レッテルで、凋落の始まりか?(井津川倫子)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2022年11月8日に投開票が行われた米国中間選挙で、バイデン大統領率いる民主党が予想以上に善戦。トランプ元大統領の共和党が大勝して、全米が「red wave」(赤い波)に覆われる、という事前予想を覆しています。

   歴史的なインフレでバイデン政権への批判が集まり、野党・共和党に追い風が吹くとされるなか、なぜ想定外の結果となっているのでしょうか。「neck and neck」(接戦)が報じられる米選挙報道を追ってみました。

  • アメリカの中間選挙、現地ではどう報じられているか?
    アメリカの中間選挙、現地ではどう報じられているか?
  • アメリカの中間選挙、現地ではどう報じられているか?

トランプ氏、一夜にして天国から地獄へ? 米メディアの手のひら返しがすごい

   大統領選挙から2年後に行われる米中間選挙では、政権与党が議席を減らす傾向にあります。今回もインフレや巨額のウクライナ支援への批判が強まり、支持率が40%台と低迷するバイデン政権は、かなりの苦戦が予想されていました。

   逆に、中間選挙を前にして、急激に存在感を高めていたのがトランプ前大統領です。2024年大統領選挙への出馬を匂わせつつ、同党が選挙に大勝して、シンボルカラーの「赤色」が米国を覆う「red big wave」(赤い大波)を巻き起こす、と自信満々に宣言していました。

   ところが、ふたを開けてみたら、共和党は予想外の苦戦に。開票前は「トランプ次期大統領」を予言していたメディアが次々と、「トランプ氏の敗北」を報じ始めました。

A Shock for Trump - The Red Wave That Wasn't
(トランプ氏にとってショック!赤い波は起きなかった:ブルームバーグ通信)

   ブルームバーグ通信は、トランプ氏を「There was one surprising loser」(予想外の敗北者)と言及。選挙には出ていないものの、トランプ氏と彼が掲げる「過激な政治思想」に国民の審判が下された、としています。

   トランプ氏の応援団とされていた保守メディアのFOXニュースでさえ、「'Red Wave' Turned Into 'Absolute Disaster'」(「赤い波」は「大変な災害」になった)と、トランプ氏の敗北を認める専門家のコメントを紹介。多くのメディアが「赤い波どころか『ripple』さざ波だった」と表現していて、「ripple」(さざ波)がトレンドになっていました。

   ちなみに、この「ripple」(さざ波)という単語はTOEICにもよく登場します。写真の風景を解答するリスニング問題で、「川面にさざ波がたっている」といった例文で出題されますが、TOEICの頻出単語から、一気に今年のトレンドワードに昇格しそうな勢いです。

   面白かったのは、米CNNテレビの「From 'red wave' to Trump blame」(「赤い波」から「トランプ批判」まで、メディアはどう伝えたのか」)というタイトルの選挙報道。開票が進み、次第に「共和党劣勢」が明らかになるにつれて、それまで高らかに「赤い波の到来」を報じていたメディアが、次々と「トランプ批判」に舵を切る様子を生々しく報じていました。

   メディアでさえ予測できなかったトランプ氏の苦戦。ニューヨークタイムズ紙が「Not Trump's Night」(トランプ氏が主役になれなかった夜)と称しているように、トランプ氏にとっては、一夜にして天国から地獄に突き落とされた「歴史的な一夜」となったことでしょう。メディアの変わり身の早さにも驚かされた一夜でした。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中