2024年 3月 5日 (火)

どうして「笑顔」は大切なのか?...「小さな幸せ」と「お金」との関係とは【尾藤克之のオススメ】

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
「ねえ、お金ってどうやったらもらえるの?」

   6歳だった(これから紹介する書籍の)著者の問いに、曾祖父はこう答えました。

「人を笑顔にすることをしなさい」

   最初からお金を儲けようとするのではなく、人が喜んだり楽しんだりすることを一生懸命やると、自然にお金はついてくる、ということです。

   今回紹介する一冊は、映画会社の「大映」を一代で築き上げた、「明治」生まれの「昭和」の大物・永田雅一氏を曾祖父に持つ、永田雅乙さんの手による良書。おじいちゃんの膝の上で聞いたという、激動期を生き抜くうえで役立つ「帝王学」を実践的に解説したものです。

「激動期を生き抜く これからの帝王学」(永田雅乙著)秀和システム

子どものころ、友達とケンカして家に帰ると...待っていたのは「禅問答」?

   円安や世界情勢の影響で、現在、日本では多くの商品が値上げされる物価高になっています。メディアでは値上げは「悪」とばかりに、街中インタビューなどで「値上げで家計が苦しい」「困っている」という意見を取り上げています。しかし、同じ出来事でも、どの立場で、どんな視点で捉えるかで、印象は異なるはずです。

「私の場合『もし、おじいちゃんが生きていたら、どんなふうに今の日本の状況を説明するだろうか』とも考えます。というのも、おじいちゃんは、私を想像力豊かな人間に育てようとしてくれていたから。『こうなると、どうなるか』ということを、いつも自発的に考えるよう仕向けていてくれたのです」(永田さん)
「子どものころ、友だちとケンカして帰宅すると、おばあちゃんから『どうしてケンカになったのか』ということを聞かれました。私が『〇〇くんが、僕にバーカって言うから叩いた。それで叩き返してきたからケンカになった』と答えると、おばあちゃんは『仲直りできたの? できてないの? 〇〇くんは今どんな気持ちだろう』と聞いてきます」(同)

   永田さんが「多分イヤな気持ちでいると思う」と答えると、今度は「どうしたい? 仲直りしたいの? 仲直りしたいなら、どうしたら仲直りできる?」と質問をしてくるそうです。それから、回答を導き出したうえで、「おじいちゃんに話してごらん」という流れになるのだとか。

「その日の出来事と自分の気持ちを整理して話すと、おじいちゃんが『よくそこまで考えたな』とほめてくれる、ということが日常的にありました。不思議なもので、気分が悪かったケンカも、この禅問答のような会話をすると、なぜだか心地いいものに変わっていきました。自分の中で落としどころが見つかるという感覚です」(永田さん)

つくり笑顔をしても、お客様は気づく

   そして、もうひとつ、人を笑顔にする「帝王学」を知りたいと思いませんか。

   永田さんによると、つくり笑顔をしても、お客様は気づくと言います。本当に仕事を楽しんでいる人の笑顔は、お客様の心を打ちます。そしておのずと、いい接客ができるものだと。

「ボランティア活動だって、活動するその人自身が豊かでなければ、きっと続けられないでしょう。まずは自分を満たすことです。まず些細なことでいいので、日々の生活の中から幸せを見出してみてはいかがでしょうか。私は、朝に目が覚めただけで『今日も生きられる』『恵まれている』と実感します」(永田さん)

   「小さな幸せ」は、日々の生活の中につくれるのです。帝王学は、そんな小さな幸せを、お金と結ぶものです。帝王学は「金持ちのマイルール」ではありません。お金と幸せを結ぶ「原理原則」として必ず役立ってくれます。

   コロナによる大変革期を迎えた現在は、永田雅一氏が日本映画の最盛期を築いた激動の時代と重なるものがあります。この機会に、永田雅一氏流の「帝王学」を身に着け、多くの人を笑顔にしていきましょう!(尾藤克之)

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中