2024年 3月 2日 (土)

日本人の人権意識はどう変わったか?...今、関心高いのは「インターネット上の誹謗中傷」(鷲尾香一)

   内閣府は2022年11月15日、「人権擁護に関する世論調査」を発表した。今回は全国の18歳以上の1556人の回答をまとめた結果だが、果たして、日本人は人権に対してどのような意識を持っているのだろうか。

  • 内閣府「人権擁護に関する世論調査」に注目した(写真はイメージ)
    内閣府「人権擁護に関する世論調査」に注目した(写真はイメージ)
  • 内閣府「人権擁護に関する世論調査」に注目した(写真はイメージ)

「日本で人権が侵害されるようなこと」...少なくなってきた21.9%、多くなってきた38.9%

   まず、「ここ5~6年の間に日本で人権が侵害されるようなこと」については、「少なくなってきた」が21.9%、「多くなってきた」が38.9%となった。

   「少なくなってきた」は、2007年、2012年、2017年の調査に続き、4回連続で増加している。ただ、半面では2017年調査では29.4%だった「多くなってきた」が10ポイント近い増加となっており、受け止め方が相違する傾向が見られる。

   男女では、男性698人のうち、「少なくなってきた」は23.2%、「多くなってきた」は37.3%だったのに対して、女性858人では、「少なくなってきた」は20.7%、「多くなってきた」は40.3%と女性の方が人権侵害に対して、身近に感じている傾向がありそうだ。

   それは、「自分の人権が侵害されたと思ったことがあるか」との質問の回答にも表れている。

   全体では「ある」が27.8%、「ない」が71.0%だった。だが、男女別では、男性が「ある」25.1%、「ない」73.8%だったのに対して、女性では「ある」30.0%、「ない」68.8%と「ある」が男性を上回っている。

   これは、「人権が侵害されたと思ったのは、どのような場合か」という質問の回答にも表れている。全体では、以下のようなケースが上位となっている。

・あらぬ噂、他人からの悪口、かげ口=54.4%
・職場で嫌がらせ=30.1%
・名誉・信用のき損、侮辱=22.9%
・プライバシーの侵害=18.8%
・学校でのいじめ=18.1%
・使用者による時間外労働の強制などの不当な待遇=17.1%
・セクシュアル・ハラスメント=16.0%
・人種・信条・性別・社会的身分などによる差別待遇=15.3%

   このうち、「あらぬ噂、他人からの悪口、かげ口」と「職場で嫌がらせ」は男女に大きな差はない。ところが、男性は「名誉・信用のき損、侮辱」、「使用者による時間外労働の強制などの不当な待遇」が女性を上回っているのに対して、女性は「プライバシーの侵害」、「学校でのいじめ」、「セクシュアル・ハラスメント」、「人種・信条・性別・社会的身分などによる差別待遇」で男性を上回っている。女性の方が、さまざまな局面で人権が侵害されるケース、もしくはされたと受け止めるケースが多いようだ。

鷲尾香一(わしお・きょういち)
鷲尾香一(わしお・こういち)
経済ジャーナリスト
元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで、さまざまな分野で取材。執筆活動を行っている。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中