2024年 4月 17日 (水)

「片づけの魔法」に振り回されないで!...家がぐちゃぐちゃでも片づく方法【尾藤克之のオススメ】

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   最近、「ケアタスク」という言葉を目にすることが増えたが、ご存じですか?

   もともとは、介護の領域で使用されていた言葉で、特定患者にタスクが集中して他の患者に対応できないことなどを意味した。その後、解釈が拡大していくが、本書での「ケアタスク」は、生きていくうえで必要な「家事」を意味している。

「家がぐちゃぐちゃでいつも余裕がないあなたでも片づく方法」 (KC・デイビス著, 村井理子翻訳)SBクリエイティブ

片づけの本質とは?

   では、生きていくうえで必要な「家事」とはなにか。本書では、料理、掃除、洗濯、食事、食器洗い、衛生管理などの一般的なタスクを挙げている。しかし、これらのケアタスクに費やされる時間、体力、スキルを分析すると、単純な作業ではないことがわかる。

   たとえば、あなたが喘息を持っていたとする。すると、健康のために、ほこりが溜まらないように掃除を心がけるはずである。つまり、アレルギー予防で、喘息をコントロールすることが目的になる。そのためには、ほこりのない状態で、モノをしまったり、ペットの毛が衣類につかないようにしたりすることを心がけるはずである。

   子どもの少ない家族なら、家族全員の衣類を大きなクローゼット(あるいは部屋)に入れることが多くなる。この方法により、着替えが簡単になり、洗濯物を元に戻すのも早くなる。この場所に洗濯機と乾燥機に近づけることができたら、より理想的ともいえる。

   あるいは、洗濯物は本当にたたまなければいけないのか?という問題に直面したとしよう。下着、パジャマ、エクササイズ用のパンツなどはもちろんたたむ必要はない。洗濯物を分類し、バスケットに入れるだけなら、かなりストレスが軽減される。各個人用のバスケットがあったら、その中に洗濯物を入れ、その人に畳んでもらうのが手っ取り早い。

   乾燥機から洗濯物を出して、ハンガーで吊しておくことが管理しやすい方法だと感じる人がいる。ハンガーを使って衣類を整理すると、すべてが見やすくなり、たたむよりも間違いなく時間を節約できる。そうではなく、少ない洗濯物を毎日洗うほうが管理しやすいと感じる人もいる。決めた日だけ洗濯をするのが好きな人もいる。結局は、人それぞれである。

   このときのポイントは、自分の習慣に合わせたシステム作りをすることにあるだろう。多くの片づけ本には、「システムに自分の習慣を合わせるべき(もしくは修正すべき)」と載っている。これは、ストレスを高めるだけでよい方法とはいえない。ベストセラーの片づけ本を読んでも、片づけが上手くできないのはシステムが自分に合っていないからだ。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中